小さな製品開発の物語

アウトドア用品・その他用品の開発・製造・直販
M-FIELD (エム・フィールド)
(エム・フィールドはT.Productsのアウドドアブランドです) ブログ4 全商品、数個から数十個の超少量生産&限定商品
Coleman コールマン、EPIgas イーピーアイガス、PRIMUS プリムス、CAPTAIN STAG キャプテンスタッグなど各種アフターパーツ


上記ロゴをクリックすると本家ティープロダクツHPへ

ポリhot Ver2.0 その35

だいぶ日が開いてしまいましたが、
ポリhot Ver2.0 その33」と、「 ポリhot Ver2.0 その34 」の続きです。

ポリhot2-125
試験会場は(汗;、お風呂場ですので外気に触れず純粋に「水温」だけのテストになります。

何を書いているかといえば、使用しているカセットガスはノーマルタイプですので
外気温が10℃以下ですと著しくスペック(火力)が落ち、安定した火力でテストが出来ない為です。

ポリhot,superとカセットコンロの相性をみるのには大変都合の良い環境です。

カセットボンベは新品を3本用意し、一定の気温下の別室に置き、
使用する瞬間にお風呂場に持ってきてセットをしました。

ポリhot2-126
テスト当時の水道水の水温は「8.7℃」とかなり低いです。

条件
室温15℃ 水道水温8.7℃ カセットガス新品を各1本(計3本) 水量は0.8リットル/毎分
です。

ポリhot2-111  ポリhot2-115
先ず先発は、東方金属株式会社の「サイクロンバーナー  CY-8」です。

基本、イワタニさんのエコ2と構造は同じですので、おおよそ一緒と考えていましたが、
東方金属さんがあまりにも「サイクロン」を強調していましたので、薄っすら期待はしていましたが・・・・・
でもやはりビックマウスなんだろうと。。。。

っで冷たい水道水がポリhot経由でホースから出てきたお湯の温度は???
結果です。
50℃」です。

えっ? 結構いいですよね!

もう一度、条件をしつこく書きますが
室温15℃ 水道水温8.7℃ カセットガス新品を各1本 水量は0.8リットル/毎分
でポリhot,superから出てくる温水50℃ということです。

なかなか良い結果なのではないでしょうか。

因みに水温40℃に換算し直すと、水量は1リットル/毎分ということになりますので
20リットルのポリタンクで「20分」ということになります。

もうこの結果はポリhot,Ver1.0と比較するとトンでもない数値ですよね!
Ver1.0当時はポリタンク20リットルを水温40℃まで上げるのに
ポリhot,Ver1.0を2個並べて(当然コンロも2個)、30分近く(水温が8.7℃ならば)かかっていましたので、
恐ろしく早いということになります。


二番手テストは、長ーくお世話になっています。
ポリhot2-112  ポリhot2-116
岩谷産業株式会社の「カセットフーエコⅡ」です。

エコ2に交換して、テストを始めて水温計の上がり方が全然違うんです。
ポリhot2-127
ホースから出てきたお湯は50℃なんてアッサリ抜いてきました!

最終結果は
写真の温度を通り越して「54.5℃」とCY-8と比べ4.5℃も高い結果となりました!

ですが内心「あーやっぱりなー」でした。

東方金属さんがサイクロン、サイクロンと書いていても、
イワタニさんのエコ2も炎はしっかり「サイクロン」してるんです。

過去に私がサラダオイルコンロを試作した時も、
炎は中央に向かってサイクロンしてましたしね(汗;

これを水温40℃に換算し直すと、カセットフーエコⅡの場合、
水量は1.09リットル/毎分ということですので
20リットルのポリタンクで「18.3分で満タン」ということになります。

たった2500kcal程度の低出力のカセットコンロでこの数字は脅威的ではないでしょうか?

おいおい書いていきますが、給湯器などの知識がお有りの人なら
これらの数値からメーカー製給湯器の計算方法と比べても圧倒的に良い
(要するにメーカー製給湯器より全然性能が良い)のが分かります。


さて、このカセットコンロ両機、何故差が出たかと申しますと、単純に火力の「差」だけです。

エコ2が約2500kcalに対して、 CY-8は約2250kcalと若干火力が弱く、
その差はエコ2のが1.1倍高いことになります。

ということは CY-8は水温「50℃」だったわけですから
50℃×1.1=55℃

CY-8がエコ2と同火力なら55℃となり、エコ2が出した「54.5℃」とおおよそ一緒でですので、
決してCY-8の性能が低いわけではないのが分かります。

続きます。

ポリhot Ver2.0 その34

ポリhot2-112
最後は散々使い倒している岩谷産業株式会社の「カセットフーエコⅡ」です。

会社は こちら ←クリック

先ず他2製品と比較して、全てに対して頭2つ位抜きに出ていますね。
筐体のクォリティーやガス廻りにしても、非常に満足度が高い製品です。

この製品に関しては、多くを語らずとも良いと思いますので本体に関しては割愛します。

今回比較テストをする三種類のカセットコンロはポリhotの構造上、
炎の噴出し方向が垂直に近い仕様の製品に限定です。

ポリhot,Max(2段重ね)、ポリhot,super(3段重ね)の両製品に対しては
今までのテスト結果から炎の噴出しが垂直の製品が好結果を出しています。

炎が横に大きく広がるタイプ(斜め上方向)は、全く性能が出ませんので、お気をつけ下さい。

現在販売を検討していないポリhot,Ver2.0(1段の単品)は逆に、
垂直方向吹き出しのバーナーでは好結果が出ませんでした。

前にも書かせてもらっていますが、ポリhot,Ver2.0は単品でシンプルで良いのですが
ポリhot,Max(2段重ね)、ポリhot,super(3段重ね)と比べ、あまりにも性能差がありすぎ
同じエネルギーなのに効率が悪く、結果Co2排出量も増えてしまうというのは
如何なものなのかと自分なりの葛藤があり、それで販売は考えていないのですが
ポリhot,Max(約2万円)、ポリhot,super(約3万円)の価格のことを考えると
ポリhot,Ver2.0は1万円台となりますので状況を見て判断したいと思います。

あとポリhot,Ver2.0シリーズは今後時間をかけてマイナーUPをしていくつもりでいます。

ポリhot2-116
話はカセットフーエコⅡに戻ります。

写真だと分かり辛いのですが、目で見ますと炎がスパイラルしながら燃焼しています。

今回テストする製品はどれも火力も2500Kcal/h程度で殆ど一緒です。

後は、構造的なことから水温の違いが出ると思っています。

ポリhot Ver2.0 その33

さて今日はポリhotを使用する上で一番理想であろうカセットコンロの実験です。

今まで散々おこなって来た感がありますが、そのことを踏まえ新たに購入した製品で
テストをしてみたいと思います。
ポリhot2-110
写真の製品群の内2製品は、実は去年購入して、そのまま放置せざるを得なかった製品群です(大汗;

昨年末は忙しすぎで、全然テストしている暇がありませんでしたからね。

やはりこの時期にテストしないと意味が無いので、寒くなるまで諦めて待っていました。

正直、1年を棒に振った感は凄くあります。

とにかく今は販売直前のテストと認識して見て下さいませ。

大事なことなので書かせて頂きますが、あくまでポリhotと相性が良いかの実験です。
各製品燃焼性能の優劣を付けるテストでは無いことを重々ご理解下さいませ。
ポリhot2-111
最初のご紹介は、東方金属株式会社の「サイクロンバーナー  CY-8」です。

会社は こちら ←クリック

先ず、この製品のボディー精度の悪いことなんのって・・・(汗;
右側カセットボンベ格納カバーに全くシックリ感がありません。。。。。。。
感覚的には100年前の農家の家的な隙間感満載です(汗;

海外で生産したのでしょうが、それにしても外装は素人が作ったかのような製品です(大汗;
ポリhot2-115
「サイクロンバーナー」と謳っていますが、内炎式って基本的に炎がトルネードのような動きをしますので
イマイチ感動はありませんし、イワタニさんのカセットフーエコⅡも炎が同じような動きを致します。

あと五徳がポリhot,superを置くのに非常に貧弱で、大きな土鍋でも若干の不安感が・・・・

いろいろネガティブな要素を書きましたが、一つだけ良い感じは五徳周りが
「ホーロー加工」されているところです。
いや多分、ホーロー加工だと思うのですが(汗;
お掃除は楽そうです。

ポリhot2-113
二番目製品は、グリーンウッド製の 「GCN-E1」です。

会社は こちら ←クリック

この製品は内炎式によるトルネード運動ではなく、
デバイスによる強制トルネードを実現しています。
ちょっと期待している製品でもあります。

製品筐体精度もなかなか良い感じで、作り手の意欲が伝わってきます。
ポリhot2-114
炎の出方はポリhotにとって非常に理想的です。

但し「結露水」による弊害をモロに受けそうな製品で、
そのことは今後の課題だと思っています。

カセットコンロ紹介、ちょっと続きます。

大災害後の有り方

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131220/dst13122007110004-n1.htm

■風速8メートル冬の夕方、最悪ケース…

 中央防災会議の作業部会が19日公表した首都直下地震の被害想定は、首都機能が深刻な打撃を受ける厳しいシナリオだ。「巨大過密都市の災害」と位置付け、国を挙げた対策を求めた。

 新想定で浮かび上がったのは、首都を襲う大規模な火災だ。風速8メートルの冬の夕方に地震が発生する最悪のケースでは、火災による死者は1万6千人で前回想定の2・5倍。都心を囲む木造住宅の密集地で同時多発的に最大2千件の出火が起き、広範囲で延焼する。

 耐震化の効果で焼失建物は前回想定より4割減ったが、四方を火に囲まれて逃げ場を失う「逃げ惑い」を厳しく算出した。死者10万5千人のうち火災による犠牲者が9割を占めた関東大震災でも起きた惨状だ。

 都心は震度6強の揺れに見舞われ、道路の交通網はまひ状態に。物資輸送や救助活動に著しい支障が生じる。地下鉄やJR在来線の運行停止で800万人の帰宅困難者が発生。東京湾岸に立地する火力発電所の被災で23区内は5割が停電し計画停電が行われる。倒壊家屋などのがれきを処理する用地も不足し、復旧活動は長期化する。

////////////////////////////////////////////////////////////

昨日、発表されましたが、あの悪夢のような東日本大震災だけが大災害ではなく
今後、関東大震災、南海トラフ連動型地震と、何時起こるかは分かりませんが、
100%必ず来るであろう大災害は日本に住む以上避けられない現実です。

我が製品群は、災害を第一に想定して世に出していますが、
何時来るか分からない大災害だけの為に商品を購入出来ませんよね?


その為に趣味のアウトドアも併用出来る様、想定して製品作りに勤しんでいます(汗;

今後販売予定のポリhot Ver2.0もその他の製品もそうです。

水道が復旧してもガス機器やエコキュートなど精密機器が災害後直ぐに使用できる保障はありません。

311当時、自衛隊やボランティアなどからはカセットコンロとカセットガスが支給されていたシーンを見ました。
カセットコンロは何とかなるんです。
後は効率の良い「湯沸かし器」が必要ですよね。


東日本大震災ですら、ガスや電気などのインフラ復旧までに一ヶ月以上かかった所もあるようです。
(復旧をあきらめた地域もありましたよね)


東北は比較的人口密度が少なく、それでも復旧は大変だったと思います。
いや、現地の人にしてみれば、まだ復旧はされていないと思っている人も多いのでは無いでしょうか?

それに対して関東・関西で大規模災害が起きようものなら、思ったように復旧するのでしょうか?
本当に1ヶ月や2ヶ月で復旧するのでしょうか?
そんな疑問がわいてきます。


人は環境が病んでいても、お風呂など身体を洗うことで気持ちもサッパリするといいます。

ポリhotやポットhotはそんな位置付けな製品になったら良いと思っています。

ポリhot Ver2.0 その13

とにかくポリhotの理想に近いバーナー口を捜しているわけですが
今日使用するカセットコンロは、ニチネンの「マイコンロ・ルナ KC-322」です。

詳細はメーカーサイトへ ここ ←クリック
(飛んでもあまり詳しく掲載されていません)
火力も2,700kcal/hとエコⅡよりあります。
ポリhot2-34

でその炎の吹き出し口角度ですが、、、、
ポリhot2-38
今までの経験から、吹き出し口は見た目にもかなり良い感じで期待できます。

ポリhot2-36  ポリhot2-35
期待に胸を膨らませて

実験結果でーーーす。
********************************
テスト条件
初期水温・・・・・・9.8℃(無風)
機器・・・・・・・・ニチネン kc-322(2,700kcal/h)
ポリタンク・・・・・10リットル(簡易的断熱無し)
テスト水容量・・・・8.3リットル
水循環機器・・・・・乾電池式ポンプ

ポリhot・Ver2.0(1台)&カセットコンロ1台仕様
点火後
05分後・・・ポリタンク内19.9℃
10分後・・・ポリタンク内31.5℃
15分後・・・ポリタンク内42.2
水温計測位置・・ポリタン内部下部
40℃到達時間・・13分50秒
********************************
来ました!!!
カセットコンロでMAX数値を叩き出しました!!

コールマン508A使用に比べると、若干落ちますが、なかなかよいですよね!!
コールマンシングルバーナー(508A)
15分後・・・ポリタンク内42.8

やはり吹き出し口角度の重要性を再確認致しました。
その理想に近い角度で炎が噴出している写真がこれ
ポリhot2-37
綺麗な炎ですね!

実は後で試験した他機種と比べて分かったのですが、
このバーナー口の角度や吹き出し口形状によっては
(元々の出力性能という意味です)、
かなり性能が違うのだと改めて思い知らされました。

ニチネンさん、いい仕事しますね~~~~~~~~

このタイプの上位機種で3,000kcal/hタイプがあるのですが、
購入しようにも何処をさがしても在庫が無く(当時)て断念しましたが、
もしそれで実験をしていたら計算上は45℃から46℃を叩き出していたかもしれませんので
コンパクトタイプ(シングルバーナー使用)でポリhot,Ver2.0のシングル(1個使い)使用の条件では
そのカセットコンロが最強となっていたかもしれません。

因みに、あくまで仮の話ですが、
コールマン508Aはカタログ上2215kcal/hということですが、
えあジョイを使用していますので仮に2500kcal/hだとして

コールマンツーバーナーは3600kcal/hありますので、
あくまで計算上は61℃前後まで行くことになります。

Ver2.0にして、いろいろな可能性が出てきましたね!


実験はまだまだ続きます。
自己紹介

m-Field

Author:m-Field
アウトドア用品は災害も想定して
開発しています。
時代のニーズに合わせ
便利でコンパクトな
商品作りを目指しています。

キーワードは
コンパクトカー&コンパクトキャンプ

オーディオ用品はアフターパーツの
開発です。
ゲーム用品はブログには
まだ登場していませんが
車ゲームなどのアフターパーツの
開発です。
その他、いろいろアイディアを絞り出し
開発を行なっています。



マイショップ
(オリジナル商品)
↑クリック↑


販売商品
ポリhot.Super(簡易湯沸し器)
ポリhot.Max(簡易湯沸し器)

〇ポリhotオプション〇
ポリhot用簡易スタンド
ポリhot用バーナー取り付けスタンド
ポリhot用CB缶スタンド

ポットhot(簡易湯沸し器)

クワッドスタンド
(シングルバーナー五徳)

えあジョイVer4.0
(コールマン用アフターパーツ)

えあジョイ・コンパクト
(コールマン用アフターパーツ)

包丁カバー
(長さ調節付きの万能カバー)


ご購入・製品に関する
お問い合わせ
PCメールで返信の為
キャリア(携帯)メールですと
拒否設定が多く、返信が
届かない場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

FAXによる、お問い合わせ
03-3840-6115
開発中の商品群
ストーブ65 写真クリックで詳細が分かります ストーブ62
今までありそうで無かった薪コンロ
写真クリックで詳細が分かります
ポリHOTプロト4 アウトドア温水器
販売が終了したポリhot
写真クリックで詳細が分かります シングルバーナー用マルチテーブル4 シングルバーナー用マルチテーブル5 シングルバーナー用マルチテーブル10 軽量!コンパクト!
クッキングテーブルとしても使用可能
シングルバーナー用テーブル パンサポート17 パンサポート5 炎の熱を余すことなく吸収し
美味しいご飯もバッチリ!

パンサポート
月別アーカイブ


FC2 Blog Ranking