小さな製品開発の物語

アウトドア用品・その他用品の開発・製造・直販
M-FIELD (エム・フィールド)
(エム・フィールドはT.Productsのアウドドアブランドです) ブログ4 全商品、数個から数十個の超少量生産&限定商品
Coleman コールマン、EPIgas イーピーアイガス、PRIMUS プリムス、CAPTAIN STAG キャプテンスタッグなど各種アフターパーツ


上記ロゴをクリックすると本家ティープロダクツHPへ

アウトドア ポンプ シャワー その1

ポンプシャワー01クリックで拡大

写真の右側の製品は皆さんご存知のポリタンクに取り付けて、ポンプして空気を溜めるものです。

本体やホースの色などパーツはバラバラで組んでいます。
今までこの手の製品も実験で何個も潰して来たせいで寄せ集めて組んでます(汗;


因みにポリタンク( 20L )はこの撮影の為に購入いたしました。。。。

少し前のブログで書いたように、この手の実験自体は、もう数年前(Ver1.0当時)に行いました。

現行の初期型(Ver2.0のSuper)でも行ったのですが、それでも「どうしようかな?」感があり、
提案するのはどうなのかと思っていましたが、Ver2.1辺りから「あれ?いいかも」が始まり
Ver2.5の今はアリとして捉えています。


今までブログで公開した温水実験初期内容はVer2.0ではなく、
殆どVer2.1でしたのでご観覧の熟読ユーザー様は
水温もまぁまぁな感じでピンとこないでしようが、そういうことなんです(汗;

Ver1.0当時は、熱交換部がスカスカだった為、空気圧で水が凄い勢いで出てきて、
元水温とそんなに変わらなかったのを覚えています
(大汗;

初期温水実験で水道蛇口の後に真っ先にやったのがこの空気式ですが、
当時(Ver1.0)はポリhotの低スペックから、少しだけ温かい「水」しか出ず完全に保留・・・・・

それで「無いもの」としてきました(大汗;

少し前、
ポリhot,Superから出てくる水流量は0.6~1.0リットル/毎分がやっとなので
っと書いたのですが、当時の実験条件(高低差)は良く覚えていなく(汗;
流水量だけ何となくウル覚えで書きましたが、最近久しぶりにシュコシュコやってみて
出てきた流水量は「あれ??1.0リットル/毎分以上出てそう?」的ないい感じ!!!!

っで今回メドが付きそうなので、お久で再開!!

これを実現したい理由は何といっても、このカテゴリーでも書いていますが、
災害時、カセットコンロなど火器類は百万歩譲ってしょうがないとしても
どうにか循環ポンプを「無し」の仕様を実現したかったからです。


災害の時の為にワザワザ電池を常にストック・・・なんて難しいですよね。。。

いやっ!
用意してるけど、たまたま電池容量が少くあまり使用できない
・・・・とか。。

少し前の書き込み「 災害時のポリhot使用方法 」 は ←クリック
ポリhotを丸ごとドラム缶の様な物の中に入れて究極の使用方法でしたが、
今回の方法ならマリンスポーツやキャンプなどで普段使いでもスマートに使用可能ですよね。

そのようなことを想定すると、動力は人!
そして妥協はあるとしても出来るだけ楽に継続可能な仕様がベスト!!
として、今回の仕様も推し進めて行きたいと思います。

書きたいことは、あり過ぎるので続きます。。。。(汗;

えあジョイVer5.0 その3

えあジョイVer5.0-01
現在、この設計図で新たな開発を進めている「えあジョイVer5.0」ですが、
何故?「新たと」書いたかと申しますと、、、、
似て異なる物になってしまったからです。。。。。(T_T)

形は似ていますが、更なるコンパクトを求め、
新開発の圧力弁(リリーフバルブ)により、今まで培ってきた実績(データです)が
0からスタートすることになってしまいました。。。。。。(汗;

それもこれもユーザー様にご満足為て頂く為と思い精進していきます(泣;

因みに
えあジョイVer5.0-02
この設計図は終了した「えあジョイ・コンパクト」ですが、
「えあジョイVer5.0」は「えあジョイ・コンパクトVer2.0ですよね~」っとツっ込まれそうな形をしていますが
決してそうではありません!!!

あくまで「えあジョイVer4.0」の進化版ととらえて下さい(大油汗;

えあジョイVer5.0-03
コンパクトを追求すると、どうしても「えあジョイ・コンパクト」のように成ってしまうのは否めないのですが(汗; 、
この設計図は「えあジョイ・コンパクト」と重ね合わせて、今回のVer5.0がどの位コンパクトになったかを
示した図で、赤い線の部分が「えあジョイ・コンパクト」です。

リリーフバルブの部分が圧倒的にコンパクトになっているのが分ると思います。

但し、空気安全弁(リリーフバルブ)部分は、今後試験を繰り返し、
どの程度の出っ張りかを模索していきますので、現在の設計図は暫定と
捉えて下さいませ。

えあジョイVer5.0-04
実際に皆様がご使用されて、目に見える部分だけを描いた図がこれですが
結構コンパクトになると思っています。

試作品製作は、もう直ぐ開始で、協力工場様と先週段取りで
いろいろやりとりをしました。

まだ、ちょっと時間はかかりますが、試作品が出来上がって
テスト段階に入りましたら、ブログにUPさせて頂きます。

えあジョイVer5.0 その2

取説を残したポリhot,Ver2.0ですが、
需要が多い、「えあジョイ」と「サラダ油コンロ」の開発を同時並行で行なっています。

但し、今は本業が忙しくなってしまいましたので、ボチボチという感じですが、
えあジョイはもう少しで試作品を発注して、テストを開始します。


今回の目玉は、えあジョイVer4.0と比べコンパクトに、
とはいうものの、えあジョイ・コンパクトと同じ程度なのですが、
ちゃんと目玉になる新機構も用意しています。

イメージ的には
えあジョイ・コンパクトをもう少しコンパクトにした感じ
開閉バルブの撤廃

です。

目玉になる新機構とは開閉バルブを内蔵することです。

今までは空気入れでの空気注入後に、
Ver4.0もコンパクトもユーザー様に開閉バルブを
閉じて頂いて、空気の逆流及び、抜けを防止していましたが、
Ver5.0は開閉バルブを「えあジョイに内蔵」し、
ユーザー様の一手間を減らすことを考えています。

これ、結構大きい事だと思っています。

えあジョイの表面上のコンセプトは、奥様方やアウトドア好きの女性方様など
綺麗で、か弱いく細い指先であの大変な儀式のようなポンピングはないだろうということで、
女性でも子供でも誰もが安心して気軽(安全に)にできるを目標にしたものですが、

実は本当のコンセプトがあります。

ブログに過去書いたかな??

例えば、災害遭遇時、燃料調達の手段として壊れた車から取り出す方法もあると思います。
基本的に、壊れた車であっても他人の所有物で行なってはいけない行為だと思うのですが、
寒くて死にそう、命を繋ぐ為の料理やお湯を沸かしたいなどで
正直そのような事を言っていられるのか??ということです。


出来れば車の所有者と相談し、一緒に命を繋ぐ方法を模索して頂ければ一番良いことだと思います。

そんな中、貴重な燃料が調達出来、様々な状況下でコールマンのツーバーナーが
に使用可能なら、炊き出しなど大量の料理も可能だと思っています。

その時にえあジョイを使用可能であれば、女性でも気兼ねなく使用可能ですし、
ポンピングが楽ですので、燃料が続く限り継続的に調理に使用可能になります。


料理中にコールマンの純正品のポンピングは非常に危険です。

えあジョイならツーバーナー本体にショックを与えず、安全にポンピングが可能です。
っというのが、本当のコンセプトなんです。


ですが大災害なんて1000年に一度起こればと希望しているは私だけではないと思いますし、
そのような希な大災害ばかりだけで商品を想定していますと、全く売れませんからね(汗;

元々、超ニッチ商品ですのでバカ売れなど全く想定していませんし、
あまり売れすぎても困りますので程ほどでよいのですが、
全く売れないのもそれはそれで困りますので、
表面上アウトドア用品アフターパーツとして販売しています。

時間はかかりますが、試作品出来上がったらご紹介いたします。

今後の開発・・・・

ポリhotの取説はまだ終わっていないというか、
2~3日前から本業が忙しく、ここ1週間位アウトドア関係の副業が出来そうもなく
困ったことに全く手を付けている時間がないのです(大汗;

ですが、ポリhotはある程度メドがたちましたので、他製品開発開始です。

今後の予定としましては「えあジョイVer5.0」。。。。。
本当にこれ凄く需要があるみたいで、これ目当てで検索かけてくる人の多いこと。
出せば100%売れる商品なのですが、もともと客引きで(他商品の為)製作した商品に近く
現状の生産方法ですと作れば作るほど赤字・・・・・

まぁ、今回のポリhotも熱交換のおかげで、最後の最後で作るの大変な商品になってしまいましたが・・・・

あと、サラダ油コンロ。。。
これも検索ヒット数は、えあジョイ並みです。

一応、試作型は今回のポリhotの金型時に一緒に製作しましたので
直ぐにプロトタイプ出来るのですが、コツコツやっていきます。

あと、既に出来ているのに販売為ていない商品。

ブログトップ画面の左側写真の「パンサポート」・・・・・ ←クリック
限定12枚売り切りなんですが、何時だそうかな????

後は「 ポリタンク用ニップルVer1.0 」 ←クリック

既にニップルセットは終わっていて、
ポリタンクとセット販売を考えていたので保留していましたが、
ポリタンクかさばるのでカスタムニップル部だけの販売にしようか
検討しています。

あと、急に飛び出るかもしれないのが、シングルバーナーテーブル

携帯薪コンロと行った所です。

最後にポットhot,Ver2.0も時間が出来たら設計変更を繰り返しています。

ポリタンクでシャワー その3

市販の空気圧タイプのポリタンシャワーキットで一番気に入らなかったのは、
表面にゴッソリと出てしまう「ポンプキット」でした。

何といっても、ぜ~んぶ飛び出ていますからねーーー(大汗;

車に乗せる時もかさばっていましたし、シャワーホースがビローン、ビローンと非常に邪魔ですよね!

ポリタン115
この大口径のキャップタイプならばシャワーヘッド部からポンピング機まで全て収納可能になります。

因みにこれを作るのにかかった金額は5000円程度でしたが、
実験の為に余計な部品も付いていますので、それがなければ4100円程度です。
(この金額の中にはポリタン・空気入れの価格も入っています。)

市販のポンプシャワーキットより1000円程度高くなりますが、
それ以上の付加価値がある気が致します。

ポリタン116
ポリタンは取っ手が結構頑丈なので、何なら他の収納物を入れても良いのではないのでしょうか?

ポリタンを「収納容器」として考えれば車載時は更に車内の荷物の体積が減ることになります。

書き忘れていましたが、このポリタンクの容量は24リットルと大容量です。

ポリタン117
蓋を閉めれば見た目は非常にスッキリしますよね!

黄色の大型キャップからサザエさんの波兵お父さんのように、
ホースが一本だけビヨーンとしていますが(汗;、
これはもっと短くカット出来ますので更にスッキリ見えるようになると思います。

突起物も余りなく他の物も結構収納可能で非常に便利だと思います。
自己紹介

m-Field

Author:m-Field
アウトドア用品は災害も想定して
開発しています。
時代のニーズに合わせ
便利でコンパクトな
商品作りを目指しています。

キーワードは
コンパクトカー&コンパクトキャンプ

オーディオ用品はアフターパーツの
開発です。
ゲーム用品はブログには
まだ登場していませんが
車ゲームなどのアフターパーツの
開発です。
その他、いろいろアイディアを絞り出し
開発を行なっています。



マイショップ
(オリジナル商品)
↑クリック↑


販売商品
ポリhot.Super(簡易湯沸し器)
ポリhot.Max(簡易湯沸し器)

〇ポリhotオプション〇
ポリhot用簡易スタンド
ポリhot用バーナー取り付けスタンド
ポリhot用CB缶スタンド

ポットhot(簡易湯沸し器)

クワッドスタンド
(シングルバーナー五徳)

えあジョイVer4.0
(コールマン用アフターパーツ)

えあジョイ・コンパクト
(コールマン用アフターパーツ)

包丁カバー
(長さ調節付きの万能カバー)


ご購入・製品に関する
お問い合わせ
PCメールで返信の為
キャリア(携帯)メールですと
拒否設定が多く、返信が
届かない場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

FAXによる、お問い合わせ
03-3840-6115
開発中の商品群
ストーブ65 写真クリックで詳細が分かります ストーブ62
今までありそうで無かった薪コンロ
写真クリックで詳細が分かります
ポリHOTプロト4 アウトドア温水器
販売が終了したポリhot
写真クリックで詳細が分かります シングルバーナー用マルチテーブル4 シングルバーナー用マルチテーブル5 シングルバーナー用マルチテーブル10 軽量!コンパクト!
クッキングテーブルとしても使用可能
シングルバーナー用テーブル パンサポート17 パンサポート5 炎の熱を余すことなく吸収し
美味しいご飯もバッチリ!

パンサポート
月別アーカイブ


FC2 Blog Ranking