小さな製品開発の物語

アウトドア用品・その他用品の開発・製造・直販
M-FIELD (エム・フィールド)
(エム・フィールドはT.Productsのアウドドアブランドです) ブログ4 全商品、数個から数十個の超少量生産&限定商品
Coleman コールマン、EPIgas イーピーアイガス、PRIMUS プリムス、CAPTAIN STAG キャプテンスタッグなど各種アフターパーツ


上記ロゴをクリックすると本家ティープロダクツHPへ

今日の記事「東海地震、西側7県は救援出せず」トラフ警戒

下記内容は総務省消防庁の発表ですが、
///////////////////////////////////////
南海トラフ沿いの巨大地震について、総務省消防庁は、想定震源域の東側の東海地震が起きた場合、西側にあたる和歌山や高知など7県からは、救助などを応援する緊急消防援助隊を原則として出動させないことを決めた。

 東側で巨大地震が起きた直後、西側でも発生した例があり、西側での救助態勢が手薄になる可能性を考慮した。

 援助隊は普段、市町村などの消防隊員として活動している。大災害が発生すると、消防庁長官の要請や指示により、特殊な機材や機器を持って被災地に駆けつける。2011年の東日本大震災では、発生から約3か月間で延べ11万人が出動、約5000人を救助した。17年の九州北部豪雨などでも出動している。

 静岡県から九州の太平洋側に延びる南海トラフ沿いの巨大地震は100~150年間隔で繰り返し起こってきた。震源域全体で起こるほかに、東側で東海地震などが発生した後、時間をおいて西側が連動した例が知られている。160年前に起きたケースでは、時間差は32時間だった。
東南海地震
//////////////////////////////////////

確かに仕方が無いことかもしれませんが、
実際に救助を待つ身でしたら、やりきれない気持ちになるでしょうね。。。。

私は常々、関東大震災より、東海・東南海地震発生時が災害酷いのではないかと思い
ポリhotを開発して来ました。


数百年前の過去に起きた南海トラフ地震の影響で、
諸説ありますが過去経済の中心だった関西から
その過程(災害)で江戸に少しずつ機能が移ったのではとも言われています。 


感覚的には例として当時
「西の港は災害で混乱が起きているから、災害の無い東で貿易をしよう」
など、戦(いくさ)の問題だけでなく節理の法則のような感じで
徐々に移った可能性もあるということです。
(秀吉が家康に僻地の江戸という領地を与えたというだけの話ではなく)

今後100%起こるであろう関東大震災を決して軽んじているわけではなく、
やはり西側の大災害が広範囲過ぎて、救助の手が行きわたりづらく
しょうがないのですが「自分の身は自分で守る」形を取らないといけないのではと思っています。

正直その途中(開発の)で、胸を締め付けるような
あの痛ましい大災害(東日本大震災)が起こってしまって本当に見ていて涙が出てきました。

ポリhotは個人レベルでも所有可能ですし、
時期を見て市町村に置いてもらえるよう努力をしないといけないと思っています。

本気の広範囲災害時は電池も電気も無い可能性もあるので
電気を使用してもっとオートマチックにするとかセンサーを付けるとかではないのですが、
ポリhotには何かがもう少し足りないのではないかとも思っています。

今後も熱交換性能を上げることは追求していきますが、
ローテクな方法で更に便利な方法も追及していきたいと思います。
スポンサーサイト

大地震後の大地震

ちょっと今日は毛色を変えて。

東日本大震災後、東北の人なら今後来るかもしれない大余震

他地域にお住まいの人ならに、北海道地震・関東大震災・東海地震・東南海地震・南海地震と
備えている人もいらっしゃると思います。

九州は現在地震より桜島が尋常じゃないくらいの回数の噴火とか??
(富士山の膨張も始まっているそうです)

真偽の程は分りませんが、
新燃岳の噴火は、桜島と新燃岳の地底深くマグマがたまった結果という人もいますね。

但し桜島のマグマは大正大噴火の9割まで溜まっているとか?

琵琶湖も湖底近くではお湯になっているなど
(琵琶湖は地震など地殻変動で形成されそこに水が溜まったと言われていて、
 その為活断層も多くあり、最終的に北の湾(もんじゅのある位置)と一緒になるとか?)

今後、日本はどのようになっていくのでしょうか?
何か、震災スイッチが入ったような感じですよね。

我が商品群は本来災害時に役立ててもらおうと開発をした商品でした。
ですが、それだけだと商品価値は全くない(売れない)のではと思い、アウトドアをも想定し
商品の説明などはアウトドアを前面に押し出しています。

販売が終了したポリhotを電動水ポンプで循環していただくことを前面に出したのも
震災前でユーザー様の意識も全く無い時でしたので
先ずは「面倒くさくない仕様」が好まれると思ったからです。

今回、ポリhot・ポットhotで使用可能なポリタンク改造品の販売も進めていますが、
やっとその時期が来たような気がいたします。

決して後付ではなく、コールマンのえあジョイ関連も、趣味のアウトドアだけでなく
災害時にストレスなく使用できたらという気持ちもありました。
それはアメリカでツーバーナー(スリーバーナー?)を大勢で囲み、
タンクにコンプレッサーの空気を直接送っているシーンを見て思いました。
その時に「もっとローテクで効率の良い製品は作れないかと・・」

私の商品群はローテクな物が多いですが、
震災時は出来るだけローテクな商品が真価を発揮すると信じ
あえてそのコンセプトを曲げず開発しています。

ポリhot・ポットhotも雑に焚き火の中に放り込んで使用して頂けたらという
思いもあります。

今回ポットhotご購入のユーザー様の中には災害を想定して購入を決めた人もいらっしゃいます。

今後は燃料高騰・少子化からコンパクトカーへの移行が加速し、
更にはストーブの燃料代も馬鹿にならなず、災害だけでなく
キャンプ場に落ちている枯れ枝程度の火力で使用できる煮炊き専用薪ストーブ(コンロ)、
ご家庭の廃油を使用可能なサラダ油ストーブ(コンロ)もありと想定し、開発しています。

新感覚薪ストーブもサラダ油ストーブもまだ時間がかかりますが、
しっかり開発は継続しています。

サラダ油コンロの方が早く販売できると思いますが、
またストーブ関連と言いましょうか、作っている途中で大地震来ないように祈っています(大汗;

[ 2012/02/10 09:07 ] その他 | TB(0) | CM(0)
自己紹介

m-Field

Author:m-Field
アウトドア用品は災害も想定して
開発しています。
時代のニーズに合わせ
便利でコンパクトな
商品作りを目指しています。

キーワードは
コンパクトカー&コンパクトキャンプ

オーディオ用品はアフターパーツの
開発です。
ゲーム用品はブログには
まだ登場していませんが
車ゲームなどのアフターパーツの
開発です。
その他、いろいろアイディアを絞り出し
開発を行なっています。



マイショップ
(オリジナル商品)
↑クリック↑


販売商品
ポリhot.Super(簡易湯沸し器)
ポリhot.Max(簡易湯沸し器)

〇ポリhotオプション〇
ポリhot用簡易スタンド
ポリhot用バーナー取り付けスタンド
ポリhot用CB缶スタンド

ポットhot(簡易湯沸し器)

クワッドスタンド
(シングルバーナー五徳)

えあジョイVer4.0
(コールマン用アフターパーツ)

えあジョイ・コンパクト
(コールマン用アフターパーツ)

包丁カバー
(長さ調節付きの万能カバー)


ご購入・製品に関する
お問い合わせ
PCメールで返信の為
キャリア(携帯)メールですと
拒否設定が多く、返信が
届かない場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

FAXによる、お問い合わせ
03-3840-6115
開発中の商品群
ストーブ65 写真クリックで詳細が分かります ストーブ62
今までありそうで無かった薪コンロ
写真クリックで詳細が分かります
ポリHOTプロト4 アウトドア温水器
販売が終了したポリhot
写真クリックで詳細が分かります シングルバーナー用マルチテーブル4 シングルバーナー用マルチテーブル5 シングルバーナー用マルチテーブル10 軽量!コンパクト!
クッキングテーブルとしても使用可能
シングルバーナー用テーブル パンサポート17 パンサポート5 炎の熱を余すことなく吸収し
美味しいご飯もバッチリ!

パンサポート


FC2 Blog Ranking