小さな製品開発の物語

アウトドア用品・その他用品の開発・製造・直販
M-FIELD (エム・フィールド)
(エム・フィールドはT.Productsのアウドドアブランドです) ブログ4 全商品、数個から数十個の超少量生産&限定商品
Coleman コールマン、EPIgas イーピーアイガス、PRIMUS プリムス、CAPTAIN STAG キャプテンスタッグなど各種アフターパーツ


上記ロゴをクリックすると本家ティープロダクツHPへ

災害時のポリhotの役割 その壱

私がよく「災害」「災害」と書いていますが、
では実際に有事の際、「ポリhotなんて使えるの?」と思われると思います。

実は私も疑問に思うどころか「使い物にならないかも?」と思ったことは何度もあります(汗;

では何故災害で使用出来ると想定しているの?っと思われるでしょうが、
それなりの裏付けと奇特な(汗; 責任感から開発を始めました。

先ず最初に調べたのはあの忌まわしき「阪神淡路大震災」です。
そして「東日本大震災」もですね。

東日本大震災「」と書いたのは、調べていた当時はまだあの災害は発生しておらず
「阪神淡路大震災」をメインに調べていたからです。

阪神淡路大震災は近年丘の災害としては本当にインパクトがあり過ぎた大災害でした。

そこでネットなどで、実際に災害に遭遇されて実感した人達の経験談から、
何が本当に「必要」なのかを探しました。

私の調べたものは、あくまで個々のその人達の個人的な感想であって、
実際に私自身が体験していませんので若干「的」を外しているかもしれず、
この先の文章を読まれて不快に思われる人達もいらっしゃるかと思いますが、
災害発生時、少しでもお役に立つ道具が出来ないかと自分なりに努力したつもりです。


それでもと思われる人達に対しては申し訳なく思います。

それでは、
多数の人が書かれていたのは先ず「」の存在です。

当たり前ですよね!

ですが、その水は決して飲料水ではなく、「トイレ」で使用する「」でした。

結局、人が密集した場所ではどんなに緊急時(災害時)であっても
人の目のある外では決して用は足せないということらしいです。


特に女性はそうですよね。

そして女性の場合は、無防備な状態から襲われかねません。

因みに、ここでいう「用を足す」というのは水の必要な「ウンチ」がメインです。

オシッコだけなら緊急時ですので男性なら立ちションは可能ですよね!

現代、特に日本はほぼ「水洗トイレ」ですが、
そのシステムには水が必ず必要になってきます。

災害時、この水洗のシステムに欠かせない水が止まってしまうと どうにもなりません。

水洗トイレに何リットルの水が必要でしょう?

災害時ですので流れればOKですので、10リットルはいらないとしても
(本当は10リットル以上欲しいのですが、あくまで緊急の使用方法と捉えてください)
おそらく6~8リットルは必要ですよね。

最新のトイレは3~5リットルでも良いでしょうが、全てがそうではないでしょうし、
使用可能なトイレは他が破壊されていれば使用場所も限定されて、一極集中する中
あまりにも水が少なすぎても詰まる原因になるかもしれません。

結局、そう考えると一人最低でも7リットル以上は必要になると思います。
(本当はもう少し欲しいところです。)

4人家族なら28リットル以上(36リットル以上?)は必要になるということです。

ですが、その中にポリhotはどう関係あるの?という疑問が出てきます。

私は常々思うことがあり、おそらくトイレで使用するその水は
「飲料」に可能な水も使用されていると思います。
(一応されているにしておきます)

もし近所に川があればそこから汲んでトイレで使用可かもしれませんが、
そうそう川なんかありませんよね。


もし川の近くであれば、それ幸いとして使用可能でしましょう!

ですが大半はそんなGoodな環境では無いと思っています。

そうなると飲める水まで、もしくは飲めずとも非常に綺麗な水をトイレ「だけ」の為に使用することになります。

しかも常時、その水を貰えるとは限りません。

その水はトイレまでどのようにして持ってくるのか??

そうです!100%皆様もお分かりの様に「人力」でそのトイレのある場所まで
数十キロの重さの水を持ってこなければなりません。

本当に大変ですよね!

重たい水を持って、数十メートル、もしくは数キロ歩いた後に、
家が平屋ならともかく、マンションの3~12階だったらどう思いますか???


話は変わって、大災害時、比較的復旧が早いのは「電気」だそうです。

そしてガスは場所によって数ヶ月先と本当に遅いそうです。

水道も地域によっては復旧するまで時間がかかります。

災害の規模にもよりますが、現代は救援物資は日本は比較的早い方だと思います。

その救援物資の中には衣類、食料(オニギリ)やカセットガスなどが含まれます。
続きます。
スポンサーサイト



自己紹介

m-Field

Author:m-Field
アウトドア用品は災害も想定して
開発しています。
時代のニーズに合わせ
便利でコンパクトな
商品作りを目指しています。

キーワードは
コンパクトカー&コンパクトキャンプ

オーディオ用品はアフターパーツの
開発です。
ゲーム用品はブログには
まだ登場していませんが
車ゲームなどのアフターパーツの
開発です。
その他、いろいろアイディアを絞り出し
開発を行なっています。



マイショップ
(オリジナル商品)
↑クリック↑


販売商品
ポリhot.Super(簡易湯沸し器)
ポリhot.Max(簡易湯沸し器)

〇ポリhotオプション〇
ポリhot用簡易スタンド
ポリhot用バーナー取り付けスタンド
ポリhot用CB缶スタンド

ポットhot(簡易湯沸し器)

クワッドスタンド
(シングルバーナー五徳)

えあジョイVer4.0
(コールマン用アフターパーツ)

えあジョイ・コンパクト
(コールマン用アフターパーツ)

包丁カバー
(長さ調節付きの万能カバー)


ご購入・製品に関する
お問い合わせ
PCメールで返信の為
キャリア(携帯)メールですと
拒否設定が多く、返信が
届かない場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

FAXによる、お問い合わせ
03-3840-6115
開発中の商品群
ストーブ65 写真クリックで詳細が分かります ストーブ62
今までありそうで無かった薪コンロ
写真クリックで詳細が分かります
ポリHOTプロト4 アウトドア温水器
販売が終了したポリhot
写真クリックで詳細が分かります シングルバーナー用マルチテーブル4 シングルバーナー用マルチテーブル5 シングルバーナー用マルチテーブル10 軽量!コンパクト!
クッキングテーブルとしても使用可能
シングルバーナー用テーブル パンサポート17 パンサポート5 炎の熱を余すことなく吸収し
美味しいご飯もバッチリ!

パンサポート
月別アーカイブ


FC2 Blog Ranking