小さな製品開発の物語

アウトドア用品・その他用品の開発・製造・直販
M-FIELD (エム・フィールド)
(エム・フィールドはT.Productsのアウドドアブランドです) ブログ4 全商品、数個から数十個の超少量生産&限定商品
Coleman コールマン、EPIgas イーピーアイガス、PRIMUS プリムス、CAPTAIN STAG キャプテンスタッグなど各種アフターパーツ


上記ロゴをクリックすると本家ティープロダクツHPへ

久しぶりにポリhot情報!!

現在、本業の側ら、趣味でアウトドア用品の開発・製造・販売を行っていますが、
意外と頭の痛いのが、次期ポリhotです。

いろいろ設計してみて、納得が出来ない状態が長く続いていたのですが、
ある程度、見えてきました!

コンセプトのカセットコンロ・シングルバーナー・ツーバーナー使用は現状維持で、
今回は、いかに効率を上げるかが最優先事項になり、次に来るのが価格です。

まぁ2番目が価格と言いましても、いきなり5万円にするとかではないですよ・・(汗:

基本的には、どうやってローコストな加工で効率を上げるかが課題になっていて、
それがネックになり、なかなか仕様が決まりませんでした。

既存のポリhotですら、出品価格が6200円と決してお安くない価格ですので、
更に効率を上げるということは、イコール、コストが100%更にかかるということになります。

そんなことで1年近くも悩んでしまいましたが、妥協も含めて、おおよその仕様が
最近になって決まり始めています。

で、今回はどちらに妥協したかと申しますと「性能を上げる方」に妥協いたします!

現在、出品していますポリhotは、出品する際に「全く売れなかったらどうしよう・・
という、若干守りに入った為、コストを抑えることばかり考えて製作いたしました。

こんな馬鹿なものを製品化する人はいないですからね。。。。

ですが、次期バージョンはコストも抑えますが、それでも妥協した部分も払拭する気持ちで
挑んでみようかと思っています。

具体的にどうするかと申しますと、

①外形を寸法的にもう一回り大きくする予定
②メインの熱交換部を今の2倍にする予定
③一次とは別に二次熱による熱交換部を増設する予定
④外装のステンレスの肉厚を厚くする予定


です。

もう少し、この話は続きます。

[タグ未指定]
[ 2010/09/15 18:46 ] アウトドア用ウォーターヒーター | TB(0) | CM(0)

キャンプ場で温水シャワー

///////////////////////
温水シャワーを実現出来るポリhot,Ver2.5販売は こちら ←クリック
///////////////////////

暑かったです・・・
にしても、大池オートキャンプ場の暑さときたらたまらないものがありました。
汗でベトベトでした。

っで、考えたのが暑いお湯シャワーでベトベト油汗を流した後に、
水道シャワーで一気に体を冷やす作戦です。
で、久しぶりに登場です。ポリhot1全ての写真はクリックすると拡大いたします

四国キャンプに合わせて、ロゴスさんの「UVどこでもルーム neos」を買ってしまいました!
換気用の窓が付いたりと便利なところもあります。
組み立て後、中にシャワーの引っ掛けがあるのですが、あくまで引っ掛け用フックですね。
フックに取り付けたまま、シャワーを浴びたくとも、
あさっての方向に向いてシャワーが自分にかかりませんし
大人というか私も含めた175センチ以上の人達には、
簡易シャワーの勢いでは、お腹にしかシャワーがあたりません。
汚れ物を収納するネット?もあるのですが、位置的にビチャビチャになるなど
「テストしてから販売はじめたの?」ってくらい、具合が悪いですが
あくまで割り切って使えば、それはそれで非常に便利です。

ポリhot2
ポリタンクは黒く塗装いたしました。
行く前に家で実験しましたが、4~5時間程度でこの季節ですと、
水道から水を20リットル入れて、水温45℃程度になりました。

この時は大池オートキャンプ場に到着したのが、3時過ぎでしたので
自然温水は無理でしたが、写真を拡大して頂けると水温30℃近くになっていますが
水道水入れたて28℃近くあり、ポリhotを始動させて少しして写真撮りました。

ポリhotを使用した、この黄金のセットを使ってしまうと
ヤカンから移すなどは非常に不便に感じてしまいます。
パナソニックのデジタル水温系は設定温度でアラームが鳴りますので
後はブザーが鳴るまで放置すればよいだけです。
とにかく便利すぎです。

写真のポリhotはプロトタイプで、まだまだ実験は続いています。

薪ストーブでポリhot

ポリhotは焚き火も想定した製品ですが、どの程度の規模の焚き火かで当然水温は違います。

基本的に、家庭用給湯器をイメージされるのであれば、ポリhotは対象外となります。

ポリhot単体容量ですと、とても家庭用温水器には適いませんし、
当然それは想定した仕様でもあります。

火力(カロリー)の弱さを、水の「循環」でカバーする仕様になります。

ですので実際に、焚き火程度の火力で使用を考えた場合は、ポリhotが最低3個
できれば4個はないと難しいと思っています。

但し学生の、キャンプファイヤーのような凄い火柱があがるような状態でしたら
1~2個でも大丈夫だと思いますが、現実的ではないですね(汗;

ですので、薪ストーブの上部鉄板の上に載せて使用する場合でも
基本は「水の循環」は必要となります。

もし薪ストーブで水道を使用し、お風呂を沸かすのであれば
かなり水道の水を絞った(水道メーター動かない程)裏技的状態で、
風呂釜に水を落とすという形になると思いますし、
やってみないと分かりませんが、ポリhotは最低2個は必要になると思います。

但し、夕方まで沸けばよいというのであれば、
時間をかけてお湯を入れるのも一考かもしれませんね。

水道メーターが動かないくらいで水を供給したら
水道代がういたりして・・・・(大汗;

[タグ未指定]
[ 2010/02/03 19:25 ] アウトドア用ウォーターヒーター | TB(0) | CM(2)

アウトドア温水器「ポリhot」の改良点・・・

全然、書き込めなくて申し訳ありません。
本業のあまりの忙しさに滅入っています。
申し訳ありませんが、1ヶ月程度このペースになってしまうことを
ご了承下さい。


さてポリhotの改良点ですが、
実は現在出品しているポリhotが一番リーズナブルになるのは間違いありません。


過去このブログにポリhotに対して「妥協」と書いたことがありますが、それは本当です。

但し、妥協した理由は「出品価格高騰」につながるからです。

例えば一般的な企業発想ですと、製品に改良を加え、更なるコスト削減につなげるのですが、
現在の製品の基本構造が単純ということと、
数十個しか生産しない「超過ぎるぐらいニッチ」な製品の為
手を加えれば加えるほど、只だた価格が高騰してしまいます。


上記のように書くと「えっ?、全くコスト削減していないの?」とツッコミが来そうですが、
そんなことはありませんよ!!!
頭の毛が抜けるくらい考えに考えて、製品化しています。


ですが、やはりもっと良い物を出したいという気持ちから、
今後1年かけていろいろ実験していきたいと思います。


ですので、現在出品していますポリhotを購入して、それをベースに改造するのが、
実は一番リーズナブルになるのは間違いありませんので、
無くならないうちにご購入された方が得策かもしれません。

改良を施したバージョンは、出品価格がかなり高騰すると思いますし、
ポリhotマックス(仮称)はそれ以上に高価な製品になると思います。

[タグ未指定]
[ 2010/01/10 15:33 ] アウトドア用ウォーターヒーター | TB(0) | CM(0)

ポリhot(アウトドア温水器)の販売について。

ポリhotは、ヤフーオークションに出している関係上、
システム手数料として5%かかっています。

ですので、オークションでは6200円になっていますが、実際は5900円が販売価格なんです。
もし、少しでもお安く買いたいと思われるユーザー様はこのブログを通して購入も可能です。


その場合は、1個5900円で販売させて頂きます。(振込手数料と送料はヤフオクと一緒で別です)

「じゃー、どうやって知らせるの?」ということになりますが、

「コメントの投稿」を利用し、「非公開コメント 管理者にだけ表示を許可する」欄の
チェックボックスにチェックし、購入したい商品名と個数、メールアドレス記入し、
送信して頂ければ、他の人達は見ることができませんので、
その後、私の方からそのメールアドレスに取引ナビと同じ内容のものをお送りさせて頂きます。

その場合、関係ないようでも、できるだけ最新の日記に非公開のコメントを書いてください。

公開されるコメントは「最新のコメント欄」に表示されますが、非公開のコメントは
出てきませんので、多分古いコメントに入れられても私の方が気づきません(汗;
そのことを重々、ご承知くださいませ。


ですので「えあジョイ」も同様で、ここでは4600円が販売価格になります。

全然、関係ないですが、コンセントカバーもここでは8090円になります(汗;

上手に、ご利用くださいませ。

[タグ未指定]
[ 2009/12/20 13:27 ] アウトドア用ウォーターヒーター | TB(0) | CM(2)
自己紹介

m-Field

Author:m-Field
アウトドア用品は災害も想定して
開発しています。
時代のニーズに合わせ
便利でコンパクトな
商品作りを目指しています。

キーワードは
コンパクトカー&コンパクトキャンプ

オーディオ用品はアフターパーツの
開発です。
ゲーム用品はブログには
まだ登場していませんが
車ゲームなどのアフターパーツの
開発です。
その他、いろいろアイディアを絞り出し
開発を行なっています。



マイショップ
(オリジナル商品)
↑クリック↑


販売商品
ポリhot.Super(簡易湯沸し器)
ポリhot.Max(簡易湯沸し器)

〇ポリhotオプション〇
ポリhot用簡易スタンド
ポリhot用バーナー取り付けスタンド
ポリhot用CB缶スタンド

ポットhot(簡易湯沸し器)

クワッドスタンド
(シングルバーナー五徳)

えあジョイVer4.0
(コールマン用アフターパーツ)

えあジョイ・コンパクト
(コールマン用アフターパーツ)

包丁カバー
(長さ調節付きの万能カバー)


ご購入・製品に関する
お問い合わせ
PCメールで返信の為
キャリア(携帯)メールですと
拒否設定が多く、返信が
届かない場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

FAXによる、お問い合わせ
03-3840-6115
開発中の商品群
ストーブ65 写真クリックで詳細が分かります ストーブ62
今までありそうで無かった薪コンロ
写真クリックで詳細が分かります
ポリHOTプロト4 アウトドア温水器
販売が終了したポリhot
写真クリックで詳細が分かります シングルバーナー用マルチテーブル4 シングルバーナー用マルチテーブル5 シングルバーナー用マルチテーブル10 軽量!コンパクト!
クッキングテーブルとしても使用可能
シングルバーナー用テーブル パンサポート17 パンサポート5 炎の熱を余すことなく吸収し
美味しいご飯もバッチリ!

パンサポート
月別アーカイブ


FC2 Blog Ranking