小さな製品開発の物語

アウトドア用品・その他用品の開発・製造・直販
M-FIELD (エム・フィールド)
(エム・フィールドはT.Productsのアウドドアブランドです) ブログ4 全商品、数個から数十個の超少量生産&限定商品
Coleman コールマン、EPIgas イーピーアイガス、PRIMUS プリムス、CAPTAIN STAG キャプテンスタッグなど各種アフターパーツ


上記ロゴをクリックすると本家ティープロダクツHPへ

ユーザー様のテストレポート05

スナフさん、今回はコールマンのツーバーナーで試されています。

私も初期の頃はまだ専用バーナーに着手していませんでしたので
様々なバーナー試験をしました。

ポリhotはコンパクトがメリットが為にバーナー形状が決まっています。



要はコンパクトな熱交換部に上手く炎が当たる形状を探せば良いわけです。。

シングルバーナー部01
過去の写真ですが形状的にはVer2.7までは
このような感じでトップが平たく斜めに炎が出る製品がベストです。

簡単言えば螺旋の銅管に丁度、炎が当たる感じが一番良いということです。

コールマンのガソリンバーナーは極端な外炎式構造で横に噴き出す炎を
「マスターバーナーボウル」という炎受けで上方に無理くり向かせています。

コールマンガソリンバーナーは味があって良いのですが、
ポリhot以前に鍋使用でも非効率なのが分かります。

えあジョイコンパクト5
あとコールマン製ガソリンバーナーはポンピング圧が弱すぎるという欠点があり
それを補うように弊社で開発したアフタパーツ「えあジョイ」がありました。

ツーバーナー使用例
これは、本当に初期のエアジョイ写真ですが、
ちょっと分り辛いですが(汗;
炎が飛出すのではないかという位の勢いです。

これだとポリhotでも何とか使用出来るレベルになります。

ポリhotは瞬間湯沸かし器な為、リアルスペックが追及されますが
鍋・ヤカン用バーナーは余程エキスパートな登山をしない限り
効率が求められない為、スペック見えて来ない現状があります。

ポリhotはコンパクトを追求した為のデメリットもあり、それは「結露水」です。

熱交換性能が高いということは、
その分結露水もボタボタ垂れてくるということで(汗;
結構な勢いで熱交換部を伝って水が滴ってきます。

ホットオンデマンド05
この写真はコールマンのホットオンデマン内部写真ですが
一般家庭用給湯器と同仕様です。

一般的に家庭用給湯器は、結露水を嫌った構造になっていて
その為に世にある海外製アウトドア温水器は大柄な形状をしています。

仮にそれをそのままコンパクトに作ったら性能なんて全然出ません。

ポリhotは小型・高効率を優先させ、その部分を潔くカット致しました。

ちょっと続きます。

※スマホ等ご閲覧様は情報量が多いPCビューもお勧めです。
スポンサーサイト



災害時のサプリメント 01

サプリメントと聞くと「薬?」と思っていらっしゃる人もいるようです。

若い人にはそのような感覚は無いかもしれませんが、50代以上(特に60~80歳台の人達)は、
摂取に対しての抵抗感も一入(ひとしお)ではないでしょうか?

確かに錠剤やカプセルなわけですから薬に見えてしまうのも仕方ないですね。

私は災害時、意外とサプリメントは有効だと思っている派です。

紹介する理由の一番はサプリは一粒に普段では摂れない量の
栄養素が凝縮されていることと意外にも安価だからです


そもそも私自身が長年 毎日の健康運動と共に摂取しているからということもあります。

但し、飲み方が分からなければ害にもなるのもサプリメント
過剰摂取をしなければ、先ず滅多なことはおきません。

例えば災害で配給でおにぎり等が来たとします。
当然それだけでは足りませんし、健康上良いとも思えません


災害時は特にストレスや冷めた食事のせいで
腹下しなど下痢症状など胃腸障害が顕著です


サプリメントはあくまで「補助食品」。

あくまでメインの食材の補助でしかありませんが
効率よく摂取すれば災害時でも体調を整えることが可能ではないでしょうか


漠然とした話をしただけでは「えっ?だから何??」となりますので
10年以上サプリメントと付き合っています私のお勧め品4つを紹介いたします。

お約束ですが、体質は人それぞれ違いますので災害時でも効果があるかは
各自の事前判断が必要となります。

商品写真などは著作権から一応貼りません。

先ず、販売元が大塚製薬の
ネイチャーメイド・ネイチャーメイド スーパーマルチビタミン&ミネラル
ネイチャーメイド スーパービタミンD(1000I.U.)

海外製の
ナウフーズ 亜鉛Picolinate 50 mg
ナウフーズ B-50コンプレックス 250カプセル

他にもありますがあくまで災害時に有効ではないかというサプリメントです。
体質によっては合わない場合もあることを付け加えておきます。

先ず鉄板なのが
「ネイチャーメイド・ネイチャーメイド スーパーマルチビタミン&ミネラル」
「ネイチャーメイド スーパービタミンD(1000I.U.)」
これは1日1粒服用すればokなサプリメントです。

私の場合、健康運動を15年近く行っていて
ワークアウトを大体1時間で終わらせるのですが、これらのサプリを服用する前は
翌日は毎日運動会の後の疲労感でいっぱいでした
(汗:

上記の2個のサプリメントは栄養補給から免疫効果なのでしょうか、
疲労感をある程度緩和してくれるようです。

そういえばYouTube動画であるお医者様が、
最近はやりのコロナで予防効果の高いサプリメントとして
「マルチビタミン」「ビタミンD」「亜鉛」のビック3的表現で取り上げていましたね。

私の場合はスーパーマルチビタミンとビタミンDと一緒に「L-グルタミン」を飲んでいます。

ハードトレーニングなボディービルダーは風邪引きが多いのですが、
トレーニング後は免疫がメチャメチャ低下する為にサプリメントを服用するそうです。

まぁビルダーは多種類を10~20粒以上、食事かって程サプリ飲みますが(汗;

「ナウフーズ 亜鉛Picolinate 50 mg。」
「ナウフーズ B-50コンプレックス 250カプセル」
に続きます。

[ 2022/01/30 11:26 ] 健康 | TB(0) | CM(0)

ユーザー様のテストレポート04

今日も、E様ネタです(激汗;

もうツイッター先分かっていますので「スナフさん」と呼ばせて頂きます(⌒∇⌒)

今日は、わたくしポリhot職人を返上しなくてはいけなくなりました(汗;

下記はプロパン入りのボンベ(SOTO ST-760)で駆動して良い結果を出しています。

実は過去実験でSOTO ST-760に良い思い出がありません。

アウトドア温水器比較テスト 4  ←クリック

2015/03/25にブログに上げたのですが
コールマン製ホット・ウォーター・オン・デマンドで
プロパン入りSOTO ST-760のカセットボンベ10本を
ただの「ノルマルブタン缶」に変身させてしまい(大汗: 、
それ以来、男は黙ってイソブタンを格言にして
日々ポリhot精進をしてきました!

それ以来プロパン入りカセットボンベのイメージが非常に悪く
テストはもっぱら「ノルマルブタン缶とイソブタン缶で行ってきました。

まぁ、SOTO ST-760は高額な為、日常使用するのに
現実的では無いと判断していたことも事実ですし
イソブタン缶を箱買いしてしまったというのも理由です(汗;



でもスナフさんがやってくれました❢

私がSOTO ST-760をホット・ウォーター・オン・デマンドで実験していた時は
カセットボンベにセットした為、
先にプロパン成分が全てお抜けになってしまったのですが(汗; 、
ポリHot液出し仕様は当然ながらカセットボンベ逆さま
そうなるとプロパンは結果的にカセットボンベ上方に移動し
プロパン成分は一番最後に出る形になります。

その為、プロパン圧力パゥワァーで最初に出てくるノルマルブタンは
グイグイ押されパワーアップした炎が飛び出すわけです。

それがスナフさんがツイッターで上げてくれたこの動画になります。

ん~~、、、駄目ですねーーー私・・・・
頭をもっと柔らかくしないと・・・・・・(自分で自分をボコりたい。

スナフさん、ありがとう御座いました。

スナフさんのツイッターで上がっているポリhot実験は私が通ってきた道でもあり、
過去に私のブログで解説もさせてもらったものを
スナフさんのツイッターを通し改めて新しい視点で解説させて頂きますので
よろしくお願いいたします(油汗: ネタアリガト

決して手を抜いているわけではありません(油汗;

【東京ホンマもん教室】という番組を見て。

今日はちょっと毛色の違うお話です。

と言っても、災害防災のあり方のお話です。

私が過去に大災害が歴史にもたらした影響の事を書かせてもらったことがあります。

関西中心だった時代から経済が関東へと流れた所説話。。

最近YouTubeで気になったお話しをやっていました。
(何時、削除になるかわかりませんので気になる人は見て下さいね。)

クリック↓
【東京ホンマもん教室】1月22日 放送 見逃し動画  巨大地震が招く日本沈没〜阪神・淡路大震災を振り返って

上記動画リンク先でも話されていますね。
0:00~17:45 37:50~52:39がそれらの内容となっています。
(何故か17:45~37:50は別の話に・・)

一部は戊辰戦争当時の話も出ています。

大阪から江戸へと一緒で、
これも所説でそのおよそ100~200年後大災害影響により旧政府から新時代へと

やはり時代は災害と共に変化していくのでしょうか?

まぁ今はICBMなど戦争で人類滅亡も出来ますけどね(汗;

後半の37:50~52:3は、
今まで地方での大災害は東京や大阪など首都圏が機能していて
人命を救うことが出来ていた的な話の流れです。

但し、政治の問題から地方に満遍なく首都機能を分散しなかった附けとして
もし東京や大阪など首都圏一帯で大災害が起きた時は
地方は誰も助けられないと。。。。

南海トラフ地震の様に連動型大地震が起きたら
想像を絶する世界になるのではないでしょうか?

最悪、自衛隊など救助活動もままならないことも推測出来ます。

先ずは、ご自身や大切な家族を守る為の算段はしなくてはなりません。

日本人は同調行動の最たる人種で、もし災害に直面しても
その時は助け合えば良いという
机上の一種の連帯感からお花畑になっている部分があると思います。
(申し訳ありません、この部分は厳しく書かせてもらいます。)

ですが、せめて3日~1週間程度は自力で生き延びる装備は必要と考えます。

首都圏で仮に大災害が起きたら、自衛隊も助けてくれないという意識も必要と考えています。

先ずはポリhot以前に、水や食料やカセットコンロなど
1週間程度、命を繋ぐ装備を宜しくお願い致します。

※スマホ等ご閲覧者様は情報量が多いPCビューもお勧めです。

[タグ] 防災 大地震 災害
[ 2022/01/26 09:30 ] その他 | TB(0) | CM(0)

ユーザー様のテストレポート03

今日もE様 第2弾!!

ネタが枯渇していた為、ブッコミ感謝致します(激汗;

本当にこの方は研究熱心です。

ノルマルブタン缶で実験をされています。
(E様の初期実験ですね。)

少し解説をさせて頂きますが、
今後ポリhotを使用する上で実益な内容になる思います。



炎がバッバッバと息継ぎをしていますね。
その理由を書いていきたいと思います。

ポリhot2-171
過去の写真ですが仮にヒートパイプが暖まっても
(この写真はヒートパイプが暖まっていない結果です。)
そもそもチューニング前のノーマルバーナーですと
燃料に対して空気の量が圧倒的に少ない為
全開にすると赤い炎が高々と出て しかもユラユラ燃え上がるだけになります。

但し何度も書かせてもらっていますが「液出し仕様」だからです

それをE様の動画の様に弊社でここまでチューニングで持って来たのですが、
バッバッバの息継ぎ音は空気量とバーナー径に対してバランスが崩れての現象です。

チューニング時、何処に焦点を合わせるかになりますが、
ノルマルブタン缶ですと冬季はガス缶の内圧が減少します

バーナーのチューニングをノルマルブタン缶で寒い時期に合わせてしまうと、
春や夏は逆に空気の量に対してガス缶内圧が高まり
燃料が多すぎて不完全燃焼の様になってしまいます

(真夏は気化方式で使用すれば良いだけですが・・・)

それとガチ寒時期はそもそもノルマルブタン缶ですと寒さでキツイ為
イソブタン缶などに合わせてチューニングされています


だからと言ってノルマルブタン缶が使用出来ないわけではなく
少し燃料バルブを絞って整流させてやれば安定しますが若干火力は落ちます。

炎のバッバッバの息継ぎ音を気にしなければ
そのまま使用した方が火力は若干ですが強いことになります。

実はロットによってはバッバッバとならないバーナーもありますが
それは噴射ノズルや燃料バルブが元から絞られている結果です。
(特に噴射ノズルが一番の原因)

中華製バーナーは結構個体差が激しく、弊社も苦しんでいます(泣;

弊社では少し水温は下がることを理解しながら
冬期でも普通にノルマルブタン缶を使用してキャンプ場で食器洗いもしていますが、
凍るように冷たい水と比べたら比べられないくらい快適です


気温が0度から-5度以下辺りでイソブタン缶を使用するようにしていますが
ノルマルブタン缶の気化方式なら気温が10度以下からキツイのを考えれば
やはり液出し方式の優位性を感じます


※スマホ等ご閲覧様は情報量が多いPCビューもお勧めです。

ユーザー様のテストレポート02

少し前にポリhotデータを下さったE様からメールが来ました!

実に研究熱心なユーザー様で、
キャンプが本当に好きなのでしょうね!

今回ご購入のE様から弊社にレポートを送ってくださったので
どうせならリンク先をダイレクトで貼り付けさせて頂きます。



画像を見ると大口径の口が空いているのに
ポリhot君、よく頑張ってくれました(汗;

私、お恥ずかしながらツイッターって初めて見ました(油汗;

ヤバいっす、オヤジ過ぎて・・・・・

で話は戻って
正直「えっそこまでヤル?」ってくらいやってます(大汗;

ペール缶も弊社工場にあるカンカン音する金属のガチ仕事ペール缶と違い
何故かオシャレですし。。。。

E様はいろいろと実験されてますので、皆さんもリンク先を参考にして下さい(汗;

E様、明日はツイッター先の動画を貼らせて頂きますので
よろしくお願いいたします(大汗;

※スマホ等ご閲覧様は情報量が多いPCビューもお勧めです。

スマホやタブレット閲覧のユーザー様へ

今回、3年もお待ちいただいたユーザー様からのご指摘で
3年以上スマホ・タブレットのみで閲覧していました」でした。。

その為、ポリhot取説もYouTube動画も知らなかったらしいです。

何を言いたいかと申しますと、スマホ・タブレット閲覧の場合
本当に日記しか表示されず、パソコンのPCビュー閲覧者様と違い
他の情報は全く知らないで弊社ブログサイトを見ている可能性があります。

具体的には、ブログトップのショップサイトや取扱説明書やYouTube動画や
その他情報類全てがスマホ版だと閲覧不可能です。

スマホ・タブレットのみで閲覧の人達も多いだろうなとは思っていましたが
私としましてはお得意様選定、本業の激務、開発自体の難航、緊急事態宣言など
毎日体力削がれて死ぬんじゃないかと思うくらい目まぐるしく(泣く; 、
ブログご観覧者様から見ればポリhot開発もダラダラ行っていたように
見えているだろうなと思っていて今は敢えてその説明はせずとも良いと思っていました。

実際、手足が縛られたように身動き取れない時期もあり、
ただのつまらない日記で、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

まぁだからと言って今 面白いこと書いているかと言えば「否」ですけど・・・・(大汗;

ポリhotも販売出来ない状態でしたので、そのままの状態を維持していました。

ですが、まだ温水器はポリhotシングルの一種類とはいえ
渾身の1台が完成しましたので、今後は日記内に
「※スマホ等でご閲覧の方は情報量が多いPCビューもお勧めです。」
文章も入れさせていただきたいと思います。

ポリhot,Maxについて

※スマホ等でご閲覧の方は情報量が多いPCビューもお勧めです。

まだVer2.7取説も完成していませんし、レクチャー用YouTube動画も作成していない為
ポリhotシングルVer2.7は当分の間 仮販売という形を取らせてもらいますが、
最近の悩みはポリhot,Max・・・・・

外装カバーは変わりませんが、熱交換部はツインバーナーになり
急所の大幅な強化が必要となります。

強化というより対策と言った方が良いのかもしれませんが
結果的に今以上 熱効率は上がる結果となるかもしれません。

とはいえ理論的な話でリアルで上がるかは別です。

内容的にはポリhotシングルの2個分ですので
性能も2倍にならなくてはいけないのですが、1.7~1.8倍ではと推測しています。

あ~~どうしよう。。。。。

熱交換部のある部分の形状がクリア出来れば
さほど時間はかからないのですが、、ん~~~・・・・

悩む理由はいくつもあり上記の様に熱伝達フィンの問題。。。。。

それに伴う高額な金型製作・・・・・・・

またかよって感じで涙が自然と出てくるヤツです・・・(汗;

いっその事、ツインバーナーやめて
5000~6000Kcal/hの炎の吹き出し部だけを自社製作する手もあります。

これもかなりの出費(車買えるかも)になりますね。

でも、これが全てクリアになったら気持ちいいんだろうなと自己暗示!

という感じで、寝ても覚めても先ずは急所のフィン形状模索です。。(汗;

ブログ内予約購入初出荷組様、誠にありがとうございます。③

今日は初出荷組のE様としておきますが簡易計測をして下さいました。

ユーザー様から頂けるデータは正直かなり貴重だと思っています。

私は一応ポリhot職人ですので(汗; 、
一番数値性能が出易い方法を熟知しています。

やはり自分で作った製品、、、
不正はしなくとも自然と一番の好結果データをブログに記載してしまう~~(汗;

ですのでユーザー様のデータは非常にありがたいです。

北海道のK様、お時間がありましたら氷点下のデータ宜しくたのんます! (大汗;

E様のデータです。
////////////////////////////
簡易的に効率を測定してみました。
しばらく流して水温が安定した屋外の水道、温度計、500mlペットボトル、ストップウォッチを使いました。
外気温7℃

結果は、
8.5℃の水道水が、
28.5℃で出てくるとき、毎分2Lの流量、
39℃のとき、毎分1.1L、でした。

水道の蛇口を閉じていき、58℃までは確認しましたが、水温を上げると本体から湯気がもくもく出てくるので一旦ストップしました。
熱交換の結露から出るものでしょうね。

これは本当にすごいものです。大切に使います。
///////////////////////////

もしデータ改ざんされていたら
E様がコメント欄に鋭いツッコミを入れてくれると思います(汗;

E様は文章行間や実験行動を読み解きますと、元々スペック高そうなのですが
それでも到着1日目ですので熟知しているわけではありません。

おそらく初めて使用されるユーザー様は似たような感じになると思います。

私が使用しても、あと1~2割UP程度と思います。

ただ文章内に「湯気がもくもく」とありますが、勘弁してください(激汗;
(水蒸気なので壊れたわけではありません)

データを見ますと、8.5℃の水道水が28.5℃で毎分2Lと書かれていますので
仮に元水温がもっと厳しい1~2度だとすると約22.5度になります。

水道水が0度は滅多にありませんので、
( 蛇口から0度だと水道管は凍る寸前ですね(汗; )
仮に外気温0度近くで、温水が21.5~22.5度ありましたらメチャクチャ快適です。

寧ろ、食器洗いに行って暖を取るレベルです(汗;
(全身を洗えるアウトドアシャワーは2.5リットル/毎分ですので、2リットル/毎分あれば十分です)

外気温0度近くで20リットルで50度近いお湯が必要なら
ポリタンクで25~30分程度でしょうか?
(ポリタンカバーは必要かもしれませんが。。)

皆様の活用方法次第で色々なことが出来ると思いますし、
奇抜なアイディア募集します(汗;

ブログ内予約購入初出荷組様、誠にありがとうございます。②

今日は自分への戒めとしてユーザー様のメールを紹介させて頂きます。

///////////////////////////////////
〇〇です。お世話になります。
胆振東部地震による停電で困ったのが温水の確保だったのです。
少しだけ書かせてください。私は防災は趣味と考えることにしました。
そして無いと困るものから揃えることにしました。無いと困るものとして思いつ
いたのが食べ物と情報、明かりでした。それで食べ物、ラジオ、照明器具からバッ
テリー、発電機(4ストと2スト)まで揃えました。
そして胆振東部地震の停電で温水が必要となりました。
キャンプ用やキャンピングカー用の温水器も調べましたが適当なものがありませんでした。
そしてたどり着いたのがポリhotです。

///////////////////////////////////
上記ユーザー様は胆振東部地震の直撃は受けずとも
電気もなく大変ご苦労されたらしいです。

私はこの文章を見させてもらい大いなる勘違いに
今更ながら気づきました。

実は私は「関東大震災」よりも「南海トラフ地震」のような
広範囲に及ぶ大災害の方が人的被害だけでなく
経済への影響が大きいと感じています。

そもそも防災用品の製造を始めたのも「阪神淡路大震災」が
キッカケだったということも私の中では印象が強かったせいもあるかもしれません。

「南海トラフ地震」のような連動型大規模災害
自衛隊の災害要請エリア近辺の人達は良いでしょうが
それから更に奥まった人達の助けになる防災用品は必須と考え
ターゲットを「南海トラフ地震」としていました。

実際、東日本大震災でも支援物資が届かないエリアは
相当数あったと聞いております。

(公的外避難所も複数ありましたし)

災害は他所でも起きていて、その現場で直撃されている人にとって見ると
「関東大震災」「南海トラフ地震」も関係ありません。

その空気感も読めずに「南海トラフ地震」に主眼を置いて製作しているなど
おこがましいことをブログ等に書いて、
他所被災者様を不快にさせていたのではと反省しています。

今後はそのようなこともないよう気を付けたいと思います。

[タグ] 災害 温水 地震
[ 2022/01/19 10:49 ] ポリhot,Ver2.7~ | TB(0) | CM(0)

ブログ内予約購入初出荷組様、誠にありがとうございます。①

日曜から月曜まで第一陣出荷組様の対応させて頂きました。

皆様、本当にありがとうございました。

特に3名はVer2.6当時からお待ちいただいたユーザー様で
3年以上お待ちいただいた形になり、
その皆様には前にも書きましたが足を向けて寝れません(汗;

ポリhotご購入様は奇特な人達が多いのか(大汗:
こんなアホで「出す出す詐欺」をやらかすダメ開発者に対して
寛容な方が多く人生損しますよ!!

昨日、久しぶりに仕事場で親父泣きしてしまいました。。。。

一人の方は送料込みで36500円なのに4万円をお振込み戴いて
「研究費に使ってください」と・・・・・・・・

不甲斐ない私に対して、、、泣いてもおかしくないですよね。。。

3500円は些少ではありませんよ。
私にとっては3500万円の価値があると思っています。

ただ、そのユーザー様は3年前もシングルとマックス各1台ずつ希望だったので
返信メールで「様子を見て戴いてVer2.7シングルもう一台追加は如何ですか?」と尋ねたら

マックスお願いします」と。。。。。。

1~2秒の一瞬ですが、
心臓にエクスカリバー刺して膝から折れ砕ける幻惑見せる技をお使いになられました(汗;

〇〇様、頑張りますのでもう少しお待ちください(汗;

マックスはツインバナー構造の2段重ねですので、
ポリhotシングル2台分の性能がありますが、
ツインバナーになったことにより、高い城壁を超える気分です。

シングルとはかなり違う形になると思います。

先ず外装に伝わる熱も、熱交換部改良でどれだけ改善できるかの課題もあります。

ん~~、かなり気合入れないと駄目ですね~~~(汗;

今日は1.17・・・・・

過去に書いていますが、私が防災用品を作るきっかけになった日です。

27年も経つのですね・・・・・

私が小学生の時( メッチャ大嘘です(汗; )、多くが帰らぬ人に・・・・・

テレビの映像のあり得ない光景に衝撃を受けました。

その時、モノ作りに携わる人間として何か出来ないかと思いました。

ふつふつとした気持ちが続き、実際に行動が出来たのはその10年後からの事です。

理由はいくつかあり、先ず本業が忙し過ぎる事。。。

そして世間一般で「防災意識が全く無い」、、、
(日本は台風災害地震国なのに)
いや私自身も正直その意識は希薄でした
当時は防災を前面に出すこと自体、私自身も「恥ずかしい」という気持ちがありました。

過去に製作・出荷した「えあジョイ」という商品は、
アメリカの屋台や災害時にコールマン2バーナーを使用した話を聞いて
開発を始めたという経緯があり、
それでも災害ではなく、あくまでキャンプのサブ的意識でちっさく防災用品ですよ~~的に
販売をしていました。

自社商品の包丁カバーも当時強盗などで包丁が使用される場合の防犯の意味合いが
災害時でも活きると踏んで製作致した経緯があります。
( 弊社製包丁カバーはいざという時に、なかなか包丁が取り出せない仕様になっています(汗; )

動画でも紹介した「アウトドア用五徳」も小さなバーナーでも
災害時、大鍋で大量に料理が出来るかな~~という意識の元、開発が始まりました。

ポリhotは書くまでもなく今まで何度も過去ブログに書かせてもらっていますので
割愛しますが、名前の由来は災害時にポリタンクを使用し熱いお湯をいっぱい作れたらと思い
命名致しました。

それら全て東日本大震災前は、あくまでキャンプ用品ですよ的に販売していた商品でした。

日本人の意識を変えてくれたのはやはり東日本大震災だったような気も致します。

皆さんの意識の転換期を機に私自身も その後は防災をメインとしながら
趣味のアウトドアでも活用出来ますよというスタンスに変化致しました。

今後、関東大震災・南海トラフ地震
特に3ポイント連動の南海トラフ巨大地震
日本の有り様を一気に変える可能性があると言っても過言ではありません。

所説ありますが、
過去 豊臣秀吉などで分かるように日本の中心は関西だった時期がありますが
江戸が栄え出したのは南海トラフ巨大地震により機能しなくなった関西から商業が
徐々に江戸に移った結果とも言われています。

その様な影響が出るほどの大災害に直面した時にどう対処されるのかは
国に頼るのではなく、先ずはご自身で構築しないといけないと思っています。

弊社の災害用品以前に、
先ずは大災害に対してご自分で足元を固めていく為の
ご準備が大切ではないかと思っております。

[タグ] 災害 地震
[ 2022/01/17 10:27 ] その他 | TB(0) | CM(0)

ポリhot,Ver2.7ブログ内予約ファーストロット完成‼

今までお待ち頂いたユーザー様、本当にありがとうございました。

散々「出す出す」詐欺やらかして、本当に申し訳ありませんでしたm(__)m

ポリhot,Singleは当分この仕様で販売して行きたいと思います。

但し、上位バージョンのポリhot,Maxという課題は残っています。

予約分の第一弾は既に梱包段階に入っています。

今後とも、宜しくお願い致します。

ポリhot,Ver2.7製作開始10

ブログ経由予約分で重大なミスを犯してしまいました。

実は最初の1名のユーザー様にはお伝えしたのですが
それ以降の人達には販売価格をお伝えしていませんでした(ヤバ汗;

私、ブログもそうですがユーザー様等からメールが来ても
結構長文でブログバリに書いてしまう為、
たまに書いたことがブログかメールか分からなくなってしまうことがあったりします(大汗;
(一番駄目なヤツ・・・・・)

今回価格はブログで発表したと勘違いしていまして(油汗; 、
昨日、再度ブログ内をチェックしたら書かれていらっしゃらない・・・・・・(激汗;

申し訳ございませんm(__)m

本当にポカをやるにも程がありますよね。。。。。。m(__)m m(__)m m(__)m

ブログ内販売価格は
35.000円(税込み)
です。
(送料別)

正規販売価格は違ってくるかもしれません。

今回、熱交換部強化(銅材追加)・スタンドベースアップグレード・
炎確認ミラー追加・CB缶アダプター・バーナーV2.7用アップデート
と多岐にわたりグレードアップしました。

特にバーナーは「約3個1」と2.5~3個分を選別して1個にし、
再チューニングしていることからそれだけで5000~6000円していますので
Ver2.6から実質4000円程度余分に上がっています。

但しバーナー以前に本体の材料費と加工費で
ほぼ特注品レベルの熱交換器として10万円以上の価値はあると思います。

本製品は災害を想定して社会貢献を目的とした製品で
少量生産なら弊社売り上げからリカバリー出来ると判断して行っています。

購入者様が、どのように使用されるかは個々のご判断になり
逆に普段からキャンプ等で使用されることは、いざという時に役立つので推奨です。

私の出来る範囲などはたかが知れているという意識の元、
開発・製造を行っています。

本当に申し訳ありませんが
ご了承のほど宜しくお願いいたします。

ポリhot,Ver2.7製作開始09

V27組み立て02
組み立て中のポリhotですが、
何とかここまで来ました(汗;

ほぼ完成と言って良いと思います。

5個ですが・・・・・・・・・・・・・(泣;

過去でも書いていますが、本体はキズを出来るだけ付けないよう
白ビニールを剥がさないで組み立てていきます。
(他は傷だらけですが・・・・・・・)

写真にはバーナーが2個しか写っていませんが6個完成しています。
(ゴチャゴチャするので外しました。)

毎度のことですが、当然 水圧・漏水テストなども行っています。

予約分の発送前にブログにですが書かなくてはいけないことが数点あります。

本当はそれらの注意点をYouTubeにupしようと思ったのですが
本業の関係で2月以降にしか撮影キャンプ行けそうにもないので
後で書き込みます。

説明書も訂正致しますが、当分・・・・(汗;

主にバーナーのことです。

あくまで実験・研究用等としてお付けいたしますバーナーですが
点火の儀式・消火の儀式がキッチリ存在します。

理由は「液出し仕様」にすることによるメリットと弊害(デメリット)を
説明するものだと思ってください。

ガスを気化で使用するのであれば問題ありません。

宜しくお願い致します。

ポリhot,Ver2.7製作開始08

V27組み立て01
着々と組み上げられているポリhot,Ver2.7です。

現在、10個中5個の組み上げ進行中です。

将来的な話ですが、
売れずとも(汗; 、月産50~60個は製造可能な体制を取りたいですね。

要するに効率化を進め、本業への負担減が目的です。

月産50~60個が生産可能レベルになれば、だいぶ楽になると思うのですが、
ここを見て下さってるユーザー様ならお分かりでしょうが、
去年31日から組み立てが始まって、まだ5個すら出来ていません・・・・・・・・
( 13日目に突入(大汗; )

皆様には初めて言っちゃいますが(汗;
(気付いているとは思いますが。)
現在は製品も含めて試験販売真っ只中です(大汗;

因みに急所熱交換部の銅管の3重螺旋加工品も既に揃っていての話です(大汗;
(今までは注文入ってから銅管巻いていました・・・・)

ハッキリ言って「ヤバい」です。。。。。。

うちの売り上げ換算で1個25万円以上成り(泣汗;

特にVer2.7用バーナーのチューニング手間が増えてしまった結果
現在10個が限界になったとです(油汗;

1か月どんなに頑張っても10個がやっとって、
もうどんだけ自分がアホなのかと・・・・・(汗;

熱効率上げる為に、アレヤコレヤやってたらこんなになって(大泣;
(自分を殴りたい・・・)

そのような理由から当分の間、
本業の事も考え月産5個を上限に販売しようかと思っています(汗;

ポリhot,Ver2.7製作開始07

Ver27熱交換部01
現在組み上げている急所の熱交換部。。

あまり公開していない(というか本当は公開したくない)Ver2.7の熱交換部ですが
まだこっちの面はギリギリ公開可能です。

「じゃー何で写真見せたの?」になりますが
部品がそろっていても何故?時間がかかるか理由(言い訳)の為です(大汗;

接写したくないので遠目の写真ですが、
水が通る銅管部分は機械加工で見た目は均一なのですが
個体ごとに寸法が微妙に違います。

銅は柔らかい為、どうしても均一に出来ないんですよねー。。。。。。。。

その螺旋の銅管と銅管の間に熱を吸収する銅製フィンを差し込むのですが
10個あったら10個違う方法で取り付けなくては行けず
ほぼ職人技でしか成し得ないレベルで作業を行います。

そして写真で写されていない箇所にたんまりノウハウが詰まっていて
その作業がほぼ「苦行」です(泣;

構造的に これが大量生産がし辛いデメリットになりますが、
メリットはコンパクトながら熱交換性能が高ということです。

Ver27熱交換部02
DIYではほぼ不可能なレベルの製品構造で
企業商品としても採算が取れないレベルの製品です。

まぁ採算が取れないといっても国レベルにポリhotシングルで
1台7~10万円程度で1万台程度生産なら採算が取れるかもしれませんね。

価格の根拠は、
例えば銅管を一重に螺旋に巻くNC機が市場で1500万円から2000万円程度致します。

弊社の熱交換部は3重巻の螺旋で、そもそもそれが可能な機械は存在致しません。

もしメーカーに依頼して機械を開発製造して貰うなら1億円以上するかもしれませんね。
(構造上作れない気もしますが・・・・・・)

それ以外に専用プレス機や各種NC機など設備等を揃えたら
スペースの確保など含めて5億~8億円はくだらないだろうと予測しています(汗;

上記はあくまで大量生産を想定した場合の設備投資を含めての価格です。

弊社自体の設備は1億円行かない程度のNC機なども含む汎用設備で、
それを無い知恵絞ってポリhotを製造しています(汗;

そんな理由もあって、ポリhot組み上げる時は「ハーッ」と息をおもいっきり吸い込み
一点集中するイメージで組み立てないと出来上がんないんですよねー(大汗;

ポリhot,Ver2.7製作開始06

現在ポリhotの組み上げ中ですが
少しだけ「予定は未定」のスケジュールを書かせていただきます(汗;

1月5日~9日までは本業とその他で組み立て作業が出来ません。

ありがたいことに本業が尋常じゃないくらい忙しい状態です(泣;

元々、ポリhotは特注レベルの商品ですので
注文受付から組み上げが開始という形をとっていて
3週間はお時間をいただいております。

あれだけブログで各パーツ写真を掲載をしていますが
最後の組み上げは調整しながら組み上げていますので
お時間が必要となります。

そしてそれを本業の合間に行っていますので
どうしてもお時間が必要となります。

一応、来週末から予約分の発送を予定してますが
冒頭にも書いたように「予定は未定」とならないよう
最大限の努力をさせて頂きます(大汗;

そういえば今週8~9日は従妹が急逝したことにより
その関係で組み上げが出来ないのですが本当にショックです。。。。。。。
年は40~50歳とさせてください。

原因は肝臓なのですが、医者の話だと更年期や
女性なのでホルモン等その他もろもろなど説明されたそうです。

ですが9月末にアレを注射して10月から体調が崩れ
それがずーっと体調不良が続き年末に急変してたった3日で・・・・・・

まぁ、偶然かもしれませんが何か腑に落ちないというか
なんというか。。。。。。。

本当に何が起きるか分かりませんね。

YouTube用の新しい動画用カメラ

去年、お久でYouTubeに動画upしましたが
画質が気になっていました。

私が所有している撮影機材は
デジカメ CANON PowerShot G7 X Mark III
アクションカム GoPro HERO9 Black
ビデオカメラ パナソニック HC-VZホニャララ 4Kビデオカメラ(名前忘れました・・・)

先ず、画質敗因は全機種FHD撮影など
GOPRO撮影時2.7Kに設定せずに撮影したことだと思っています。
キャノンのデジカメFHD撮影でもUPしたYouTube動画を見てもまぁまぁな感じです。

後は変換時フルハイビジョン出力だったせいもあるかもしれません。

PowerShot G7 X Mark IIIは色合いは好きなのですが
どうにもオートフォーカスの反応が鈍く、
接写時のピントの合いも曖昧、望遠時の解像感が・・・・・・・・

実際、動画撮影時は納得が出来ず
ド素人のくせに殆どマニュアル操作でした。

それなら最初から一眼レフカメラの様なスタイルでもよいかなと思いました。

ですがその手のカメラはとにかく高い(´;ω;`)ウゥゥ

趣味に使えるお金は全て開発関連に費やしてしまって
ハッキリ言って貧乏です(大汗;

私のビンボーリミッターが「カメラに10万円以上は出すな」と
脳内で叫んでいる。。。。。。(汗;

ギリギリ10万円位のPowerShot G7 X Mark IIIを購入する時でさえ
購入ボタンをクリックするのに人差し指が1時間フリーズしたままでした(汗;

ですが10万円の壁を突破しないと画質UPは望めないのではと思い、
スカイツリーから飛び降りるつもりでぽちったのが。。。。。

ミラーレス01
指汗かきながらマウスのボタンがメリ込んで戻らないかと思う感じで
ポチリました(大汗;

新品購入したのは
VLOGCAM ZV-E10という商品でボディだけでレンズは別売り

現在コロナのせいで部品供給が滞り、カメラ価格高騰してますね。

価格コムで見ますと9万円以上しています。

ド素人の私にカメラ知識があるわけもなくYouTubeやブログ・評価サイト見まくり
決定したのがコレ。。

このカメラブログ用と謳いながら全くVログには使用出来そうもないカメラらしいです。
(広角レンズが登場しないと駄目らしいです。)

購入理由は動画に特化しているらしくα6400や6600などの動画部分の
良いところを搭載したかのような感じらしいです。

その為、カメラの取り回し部や写真部分を犠牲にした分、価格も抑えられているとか???

確かにメニュー関係が非常にシンプル(汗;

ミラーレス02
レンズは
17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD (Model B070)
という商品を新品購入。

レンズだけで8万円って、、、、、アホかと思いました(汗;
(マニアは数十万のレンズも購入されるらしいですが・・・・・)

購入の決め手は望遠とF2.8。

前回のYouTube撮影の様にほぼマニュアル使用なら
敢えてこのスタイルで良いと判断。

動画特化のカメラと言っても、
私の様なド素人からすれば十分以上に写真も綺麗です。

全てマニュアル操作と言いましたが、実際使用してみて
AF(オートフォーカス)の速さとピント正確さにはビックリ致しました。

PowerShot G7 X Mark IIIとは比べるというか次元が違います。

CANONはCANONで良いところもありましたが、
今度はこれで頑張りたいと思います。

[タグ] ZV-E10 17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD
[ 2022/01/06 09:54 ] その他 | TB(0) | CM(0)

ポリhot,Ver2.7製作開始05

現在Ver2.7のブログ経由予約分の出荷を目指して各調整を行っていて、
最初にバーナー調整を取り上げましたが、
実はVer2.6時でもバーナーのことは取り上げていて
しっかりチューニングをした旨を書かせてもらっていたのですが、
Ver2.7は当初「ツインバーナー」(バーナー2機搭載仕様)も予定していて
その時に実験用に何回かに分けて5個程度ずつバーナーを購入し
その都度、製品の性能にかなりバラつきがあることが発覚

Ver2.6当時は手持ちの同ロット品の品質が比較的良質だったことから
ブログには確か「バーナーを最高のコンディションで出荷」と書いてしまいましたが
改めて恥ずかしくて顔が真っ赤になるようなことを書いてしまったことを反省しております


正直、ここまでバーナーにバラつきがあるとは思ってもみませんでしたが、
これはあくまでイレギュラーな「液出し仕様」にした場合ですので、
そのことは誤解のないようにお願い致します。

ですが、Ver2.7用バーナーで試行錯誤し可能な限り安定させる過程で
Ver2.6当時のバーナーより出力は確実に向上しています


液出し仕様にして出力向上し安定させているわけですから
気化状態で使用では更に安定した出力向上が望めます。

特に今の様な お寒い時期にノルマルブタンで
チューニングしているわけですから申し分ないと思います。

それらバーナーの比較実験動画も
いつかYouTubeにUP出来たらと思っています。

ポリhot,Ver2.7製作開始04

書き忘れたことがあります。

前回「赤い炎がユラユラ高く立ち上がり」と書きましたが
詳しい人でしたら先ずは「ヒートパイプ直さなぁいけんでしょ!」と
連想される人も多いはずです。

ですが、それらのことは既に過去に書かせてもらっていて

バーナー液出しの使用方法 ←クリック

上記をクリックして頂くと過去関連内容と
そのブログ内にも更に過去関連したリンクがありますので割愛していましたが、
前置きをしておかなくてはいけなかったですね。

バーナー改造013
説明写真がダサダサで申し訳ありませんが(汗; 、
この中華製バーナ、、ヒートパイプに殆ど炎に当たったおらず、
液出しでの使用では全く役に立っていません。

但し、この製品の名誉の為に書いておきますが
通常は鍋やケトルなどを置いて使用する為、
炎がヒートパイプまで回り込むという理屈になるのですが
それにしてもあまりの形状・寸法違いは中華クオリティ。。。。。

写真のように赤い線の印の囲いが炎の軌跡となる為、
先ず、このバーナで一番最初に加工するのは
ヒートパイプをバーナで熱してダメージを与えないように曲げ加工を行うことです。

バーナー改造010
一連の加工が終わり組み上げて始めて燃焼テストを行います。

ですがこの中華製バーナ、、液出し仕様ですと とにかく安定いたしません。
燃料ホース・ヒートパイプ・噴射ノズル・燃料バルブの各性能がバラバラで
構成されていると言っても過言ではありません。

さすが中華製といったところでしょうか(汗;

今回チューニングをするに辺り、先ず致命傷になるのがヒートパイプ。。。

バーナー炎の上を通るヒートパイプ円弧形状が小さかったり大きかったりで
見た目で使用できないのがわかります。

今回は半分近くダメでしたね。
(2千円で購入したバーナーが仮に20個なら最初から10個は使用できないという意味です。)

バーナー改造011
次に写真の赤丸で囲った噴射ノズル。

これも個体差があり使用できないのもあります。

ちょっと話は脱線して
過去に書いていますが、ポリhotにマッチしたバーナーが
いろいろ試してこれが価格・基本形状・加工性が一番と判断して使用しています。

ポリhot,Ver2.7-034
最後に燃料調整バルブ。

これも炎が全く安定しない製品もあり当然ポイします(泣;

正月中に10個のバーナーを揃えるつもりでしたが
18個使用して7個しか用意出来ませんでした(汗;
(11個は廃棄ということです。。。。。)

加工して組み上げて燃焼テストして
バラシて再調整何度も繰り返して手間だけで3日も・・・・・・・(大汗;

18個 ÷ 7個 = 約2.5個分・・・・・・

バーナーを一個仕上げるのに2.5個分って・・・・(汗;

因みにバーナーが一個約2000円ですので2.5で掛け算して
手間代入れずに一個5000円相当なり(汗;

まぁ過去ブログに書きましたが4個に1個じゃなくって良かったです(大汗;

国産の液出しバーナーが1万円以上する理由がよく分かります。

ポリhot,Ver2.7製作開始03

これからお見せする写真は
予備知識無しに私の実験から得たもので
それが正解だとは思っていませんが
最善を尽くしたつもりです。

もし、バーナーに精通された方が見ていらっしゃいましたら
ご助言をいただけると幸いです。

バーナー改造07
トップでも書かせてもらいました通り、
この写真の状態が最終形状とは考えていませんが
どうしてこのような形状になったかの説明をさせてもらいます。

本来は、これらが今後の自社ノウハウとなるのでしょうが
敢えて公開させて頂きます。

理由としましては大人の事情として
あくまでバーナーは実験用として無料で付属させて頂くからです。
( 無料バーナーが一番手間食ってますが・・・・・(汗; )

あと、自作派の人達への参考になればと思っております。

バーナー改造09
先ずは、この写真。

右側はオリジナル、左側は弊社改造後です。

これから解説する大前提は「液出し仕様」用にする為です。

最初に右側の「4つの孔」を写真左側の様に大きく開けて
(ちょっとややこしいですが、左側の上段大孔4個のことです。)
点火実験を行ってみました。

液出しで燃料バルブを全開にすると
赤い炎がユラユラ高く立ち上がり上手く行きません。。。。

ですが右側のオリジナル状態でも通常の気化ガス方法による点火なら
ある程度スムーズに炎が出ます。

その後、更に写真左側の様に下段に小さな4つの孔を追加し(合計8個)
炎の出方が安定してきました。(あくまで安定して来ただけで完全ではない)

バーナー改造08
この結果から気化ガス方法は問題ないのですが
液出し方法では、ガス供給量に対して空気が希薄と判断し
大量の空気流入口が必要と考え小さな4つの孔を追加しました。

大きな4個孔は強度的にそれ以上大きく開けられないと判断し
別の場所に追加、計8個と決定いたしました。

バーナー改造012
ん~、新しいカメラは接写が素早く綺麗!

さて、この噴射ノズルに「40」と書かれていますが
おそらく0.4mmを指しているのだと思いますが、
実際には0.42~0.44mm程度の大きさがあり、
この噴射ノズルは確か5400Kcal/h以上のバーナーで使用されていて
このガス噴射ノズルは6000Kcal/h程度のポテンシャルがあると判断しています。

そう考えれば液出し時、生ガスが多く出る結果
赤い炎がユラユラ高く立ち上るのも頷けます。

長いので、また続きます。

ポリhot,Ver2.7製作開始02

皆様、
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

バーナー改造06
写真、綺麗に撮れるようになりました。
って言っても、露出補正の方法が分かっただけですが・・・(汗;
(写真ド素人過ぎて申し訳ありません。。。)

今まではcanonの10万円程度のコンデジ使用していましたが
YouTube用にもっと綺麗に撮れるのないかなとSONYのミラーレス購入しました。

って、また話が脱線・・・・・・

今回予約用に10個製作する為、
バーナーもそれに合わせて改造致します。

上記写真はバーナー吹き出し加工が終了しています。

バーナー改造0
1年ぶりにフライス盤使用しての加工です。

金属加工系DIYユーザー様にしてみると、プロ用旋盤やフライス盤は憧れの機械でしょうが
最近プロ業界では5軸マシニング・3軸マシニング・NC旋盤・ワイヤーカット機が主流で
弊社でもマシニングやワイヤーカット機などNC機は使用しますが
旋盤やフライス盤は殆ど使用しないですね。

旋盤に至ってはポリhot用熱交換器急所部分加工用と
ほぼ専用機化しています(汗;

って、またまた話が大脱線・・・・・・(汗;

フライス盤使用の理由は中華製バーナー精度の問題が一番で
ガスの空気吸入口の位置が見た目同じようでも、
1mm~1.5mm違う為、久しぶりに「職人の勘」を発動させてしまいました(汗;

そう、こんなことしないといけないのです( ノД`)シクシク…

たった10個改造するのに、何故にこんなに時間がかかるのやら
という感じです。

その理由は、今から新年の挨拶だけはしに行かなくてはいけなく
時間が無いので、次回書かせて頂きます(汗;
自己紹介

m-Field

Author:m-Field
アウトドア用品は災害も想定して
開発しています。
時代のニーズに合わせ
便利でコンパクトな
商品作りを目指しています。

キーワードは
コンパクトカー&コンパクトキャンプ

オーディオ用品はアフターパーツの
開発です。
ゲーム用品はブログには
まだ登場していませんが
車ゲームなどのアフターパーツの
開発です。
その他、いろいろアイディアを絞り出し
開発を行なっています。



マイショップ
(オリジナル商品)
↑クリック↑


販売商品
ポリhot.Single,Ver2.7(簡易湯沸し器)

〇ポリhotオプション〇
ポリhot用簡易スタンド
ポリhot用バーナー取り付けスタンド
ポリhot用CB缶スタンド

クワッドスタンド
(シングルバーナー五徳)

包丁カバー
(長さ調節付きの万能カバー)


ご購入・製品に関する
お問い合わせ
PCメールで返信の為
キャリア(携帯)メールですと
拒否設定が多く、返信が
届かない場合があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

FAXによる、お問い合わせ
03-3840-6115
開発中の商品群
ストーブ65 写真クリックで詳細が分かります ストーブ62
今までありそうで無かった薪コンロ
写真クリックで詳細が分かります
ポリHOTプロト4 アウトドア温水器
販売が終了したポリhot
写真クリックで詳細が分かります シングルバーナー用マルチテーブル4 シングルバーナー用マルチテーブル5 シングルバーナー用マルチテーブル10 軽量!コンパクト!
クッキングテーブルとしても使用可能
シングルバーナー用テーブル パンサポート17 パンサポート5 炎の熱を余すことなく吸収し
美味しいご飯もバッチリ!

パンサポート
月別アーカイブ


FC2 Blog Ranking